ムーミン好きじゃなくてもきっと好きになる!世界に一つだけのムーミン美術館@タンペレ

ヘルシンキから特急列車で1時間半で行けるタンペレの見どころは、なんといってもムーミン美術館。世界にここだけしかない美術館で、なんと2016年にオープンしたばかり。

わたしは特にムーミンが好きというわけでもないので、「行きたいなら行ってもいいけど?」くらいの温度感だったのですが、行って大正解。フィンランドで1番素敵な場所かもしれないです。

タンペレ中央駅の東側、市民ホールの中にある美術館

ムーミン美術館は、美術館としてはとっても小さくて、実際 市民ホールの一角を間借りしているような状態です。タンペレの繁華街は中央駅の西側にあり、この美術館だけが東側にあるような感じです。駅から歩いて5分、きれいな緑に囲まれた敷地の中にムーミン美術館はあります。

入ってすぐのところにあるムーミンショップ▼

タンペレのムーミン美術館のショップ

ムーミンのストーリーとともに楽しむ世界

受付でチケットを購入後、美術館に足を踏み入れるとドアマン(実際には女性)から館内についての簡単な説明がありました。残念なのは、著作権の関係で館内の展示はすべて撮影NGなこと。唯一この芝生エリアのみ撮影が許されていました笑

ほぼ窓しか撮れない笑 このムーミンは超初期のムーミン。今とだいぶイメージが違いますよね▼

タンペレのムーミン美術館の入口

1階はムーミンのストーリーを辿れるようになっていて、原画とともにタブレットで小説のあらすじを知ることができます。

今さらですがムーミンって、もともと小説なんですよね。ムーミンパパやスナフキンといったキャラクターがいることは知っていましたが、ちゃんと考えたことなかったかも…

ムーミンのストーリーをたどることは同時に作者トーベ・ヤンソンの人生をたどることでもあって、時代によって小説に戦争の影が落ちていたりなどして、とても興味深いのです。

原画のかわいさに感動!

地下1階では主にムーミンの原画が展示されていて、そのかわいいこと!それまでほとんどムーミンに興味なんてなかったのに、一瞬で心奪われました。原画の破壊力すごい。ちなみに原画は時代を追うごとにどんどん上手くなっていて、初期の頃のムーミンはもはや別の生き物です笑

タンペレのムーミン美術館入口で出迎えてくれる巨大原画

原画でほしいなぁと思う絵がたくさんあったのですが、残念ながら原画はほとんどノベルティになっていないようでした。唯一あったのが、ムーミン谷の地図くらい?

手作りの立体模型にも注目

館内のいたるところにムーミンのストーリーから、ある場面を切り取った手作りの立体模型が展示されています。これらは主にトゥーリッキ・ピエティラが作成したものです。トゥーリッキは子どものころからムーミンが大好きで、医学部生だったころにムーミンの家を自作してトーベ・ヤンソンに贈ったことをきっかけに、それからトーベと協力しながら生涯にわたってムーミンストーリーの立体模型を作っていたそうです。夏は2人で別荘にこもっていたそうで、こんな楽しいことが仕事なんて羨ましすぎる・・・!!

ムーミンショップで限定マグカップを購入

市民ホールの入口にムーミンショップがあって、なかなかの充実ぶりです!(美術館の外にあるため、ショップ利用だけでも大丈夫です)。ここでわたしは、絵葉書と切手、自分用に限定マグカップを購入しました。ムーミンのマグカップ自体はヘルシンキ市内にたくさんある「アラビア」という陶磁器のお店や市内のムーミンショップでも購入できるのですが、あんまりかわいくないんですよね・・・どちらかというと子供向けのデザイン(?)に見えてしまうのです。それがこのマグカップだけは別で!ムーミン美術館限定のデザインなので、ここに来ないと買えません。

タンペレのムーミン美術館のショップで購入した限定デザインマグカップ
タンペレのムーミン美術館限定のマグカップ
ムーミン限定カップはアラビア

このシリーズ可愛すぎて色々買いました▼

ムーミングッズが終結したタンペレのムーミン美術館

なお、切手は受付に申し出て購入します。葉書なら世界中どこにでも送れる切手が5枚で7ユーロだったかな?ちなみに、受付の前にあるポストに投函すると、世界でここだけのムーミン美術館の消印を押してもらえますよ!

ムーミン美術館から出したムーミン切手

(「プライオリティ」シールをついでに貼っておいたためか、1週間程度ですぐ届きました)



大満足のムーミン美術館でした。小さいのですぐに周り終えるかなーと思っていたのに、気づいたら2時間近く滞在していました。写真が撮れないのだけが悔やまれますが、それはもう行った人だけの楽しみだということで!ちなみに、ドアマンのお姉さんがグループごとにいちいち説明をしてくれていることからわかる通り、閲覧者は非常に少ないです笑 しかもそのうち半分がたぶん日本人。あちこちで日本語が聞こえました。ゆっくり見て周れる美術館です。

ムーミンの絵葉書

(購入した絵葉書。ムーミン消印を押してもらうため、市民ホールで店を広げてひたすら書く)

ムーミン美術館限定の切手

(5枚で7ユーロ。どれもかわいいぞ~~)

ムーミン美術館限定のキッチングッズ

(このへんのグッズも、ヘルシンキのムーミンショップでは見かけませんでした。この美術館のショップが一番充実している気がします)

ムーミン型のライト

(パートナーが買いたがってましたが置く場所が・・・)