ベルリンから1時間弱で行ける華の都ポツダム観光

サンスーシ宮殿 ポツダム

「北のベルサイユ」と呼ばれるドイツの華の都ポツダムに行ってきました!ポツダムというと「ポツダム会談」「ポツダム宣言」というイメージしかない、という方も多いと思いますが、ほんっとうにとても素敵な街でした!これまで行ったドイツの都市の中で一番好きです。子どもが小さいうちはポツダムで育てたいと思うくらい笑

そんなポツダム観光の魅力をたくさん紹介していきます!

ベルリンからポツダムへのアクセス

チケット

ベルリン郊外にあるポツダムへは、ベルリン中央駅から電車で1本で行くことができます。ベルリン市内と郊外はベルリン市内から順にAゾーン、Bゾーン、Cゾーンというゾーンごとに料金が分かれており、ポツダム中央駅はCゾーンにあります。

ベルリン市内からポツダムへ行くおすすめのチケットは、7.7ユーロの1日乗車券です。

ベルリン 1日乗車券

ベルリン中央駅⇄ポツダム中央駅の往復チケットを購入すると、片道3.4ユーロ×2で6.8ユーロですが、1日乗車券であればプラス0.9ユーロでベルリン市内はもちろんのこと、ポツダム市内でも自由に鉄道・バス・トラムに乗ることができるからです。ふっつうにかなりお得。

ベルリン 片道チケット

1日乗り放題チケットは、A+Bゾーン用(7ユーロ)、B+Cゾーン用(7ユーロ)、A+B+Cゾーン用(7.7ユーロ)の3種類がありますのでご注意ください!各種駅の券売機で購入することができます。

1日乗車券を購入したら、駅の打刻機に通して有効化することを忘れずに!(打刻されていないと罰金を取られます)

ポツダム行きの列車

ポツダムへは、DB(ドイツ鉄道)のポツダム行き列車に乗って向かいます。路線図を見る限りDBのポツダム行きの列車は1本しかないため、間違わないと思われます!

なお、ベルリン中央駅のお隣フリードリヒシュトラーセ駅からなら、Sバーン(S7)が走っているようです。こちらはポツダム中央駅が終点となっているので間違いなく乗れると思います^^

ベルリン中央駅のプラットフォーム

ポツダム行きのDBの列車は、ベルリン中央駅のでは一番上の階にあるプラットフォームから出ます。ベルリン中央駅は、東京の東急東横線渋谷駅のような作りになっていて、地下2階、地上3階からなっており地下1~2階と地上3階にプラットホームフォームがありました(階数の数え方までは見ていないので、ドイツ式の数え方でもし違ったらごめんなさい!)。

なおわたしが利用した際は、ポツダム行きの列車は16番プラットフォームから出ていました(時期によって変わるかもしれないので、掲示板をご確認ください)。

ポツダム行き ベルリン中央駅 プラットフォーム

ポツダム観光の魅力

ポツダム観光ではポツダム中央駅が起点となりますが、DB利用の場合ポツダム中央駅の次の駅「シャルロッテンホーフ(Charlottenhof)」またはさらにその次の駅「パーク・サンスーシ(Park Sanssouci)」から観光を始めてもいいかもしれません。

この2つの駅はポツダム中央駅よりもサンスーシ宮殿や新宮殿に近いので、手っ取り早く宮殿を見たい!という方にはおすすめです。

…が、わたしのおすすめは断然ポツダム中央駅からスタートするコースです!ポツダムは宮殿もとても美しいのですが、とにかく街の雰囲気がとても素敵なので、時間があるのであればぜひゆっくりと街を歩きながら宮殿へ向かうのがよいと思います。

緑が多く自然豊か

ポツダム観光に来てわたしは思ったのです。人間には緑が必要であると…!

うまく言えないのですが、ポツダムの自然は同じく街中に緑が多いベルリンともドレスデンとも違っていて、とにかくとっても気持ちがいいのです。広大なサンスーシ庭園内が緑だらけなのはもちろんのこと、ポツダム中央駅から宮殿へ向かう道すがらにもたくさんのきれいな緑があって癒されます。

ポツダム 自然
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ポツダムで子どもを育てたい、もしくはポツダムに避暑地が欲しい。本当にそれくらいきれいな場所!

ポツダム 川

いつもは肌へのダメージを気にしてテラス席は絶対選ばないわたしですが、ポツダムでならあり!ほんとなんでこんなにきれいで気持ちがいいのーーー!?

ポツダム カフェ
ポツダム 川沿い カフェ

オランダ地区の街歩き

ポツダム中央駅から10分〜15分ほど歩くと、オランダ地区が現れます。オランダ地区は18世紀に皇帝がオランダ人を誘致するために整備した赤煉瓦造りの住宅地で、たしかにドイツの街とはちょっと違った雰囲気があります。

ポツダム オランダ地区

いまではカフェや雑貨屋さんが入っていて、歩いているだけでとっても楽しい!

オランダ人地区 ポツダム

そしてランチですが!わたしはオランダ地区にあるこちらのおしゃれなパン屋さんでパンとカフェマキアートをいただきました〜!

ポツダム パン屋
パン ポツダム

胃袋には限界があるゆえごはん選びには慎重に慎重を期すわたしですが、このパン屋さんは大当たり!!!入り口から見ただけで美味しそうだと思ったもの。しかも後で知ったところによると、なんとBio系のパン屋さんらしく、なんとなく健康にもよさそう!笑

BioBackHaus

世界遺産に登録されているポツダムの宮殿群

さて、ポツダム観光の一番の目玉といえばやはりサンスーシ庭園内の宮殿たち。

ポツダム 緑道
サンスーシ宮殿へ向かう道。影になっていてありがたい。

有名なのはやはりサンスーシ宮殿と新宮殿ですが、地図を見ると大小さまざまな建物がサンスーシ庭園内に17棟も!す、すごい…!!

ポツダム 地図

サンスーシ庭園は思いのほか広く、わたしは全部周る体力がなかったのでサンスーシ宮殿→新宮殿と歩いて行きながら、道すがらたまたま通りかかったオランジェリーをはじめいくつかの建物を見て行きました。

せっかくだから全部周りたいよ!という方は後で紹介するバスを利用することをおすすめします!サンスーシ庭園内は場所や時間帯によっては遊歩道に全然日陰がなかったりするので、ずっと歩いて周るのは結構過酷です。わたしが行ったのは4月末ですが、とても暖かい日だったため日焼け止めを3回も塗り直しました。本当に暑かったんです!笑

サンスーシ宮殿

まずはサンスーシ宮殿から!外観だけでいうと今まで見たどの宮殿よりもきれいで華麗でとっても感動しました。日本の人たちもっと行ったらいいのに!

ポツダム サンスーシー宮殿
サンスーシ宮殿

サンスーシ宮殿はフリードリヒ2世が夏の離宮のために作った宮殿で、「憂いのない」という意味だそうです。宮殿の手前が変わったデザインになっているのは、なんとぶどうの木が植えられているから!

この美しい宮殿が見られただけでポツダムに来た甲斐があったわ。ほんとにきれい・・・

ポツダム サンスーシ宮殿 噴水

なお、わたしはポツダムではどの宮殿にも入っていません!笑

時間はあったので入ることはできたのですが、ヨーロッパのお城や大聖堂の類にちょっと飽きてきてしまっておりまして…カメラとスマホに入ってる写真も、これどこのだっけ…?となってしまっている始末w

なのでサンスーシ宮殿の内部レポートはできないのですが、チケットに関するガイドブックの情報を載せておきます。

サンスーシ宮殿

開館時間:10:00~17:00(11月〜3月)/10:00〜18:00(4月〜10月)
     ※最終入場は閉館30分前まで
定休日:月曜日
料金:19ユーロ(「サンスーシプラス」共通チケット/写真撮影許可料別途3ユーロ

新宮殿

続いて新宮殿の紹介です。新宮殿もとってもきれい!

ポツダム 新宮殿

新宮殿も同じく内部には入っていないのですが、ガイドブックの写真を見る限りかなりよさそう!写真ではドイツというよりフランスのお城のような内観をしているなと感じました。

サンスーシ宮殿から新宮殿までは歩くと思いのほか時間がかかったのでご注意ください…!

なお、サンスーシ宮殿から新宮殿に向かう途中に見かけた「オランジェリー」という建物がこちら。オランジェリーも宮殿と言われれば納得してしまいそうな大きさ&佇まいです。

ポツダム オランジェリー

新宮殿

開館時間:10:00~17:00(11月〜3月)/10:00〜18:00(4月〜10月)
     ※最終入場は閉館30分前まで
     ※11月〜3月はガイドツアーのみ
定休日:火曜日
料金:8ユーロ

ポツダムを効率的に観光するために

さて、ここからはポツダム市内の交通機関の紹介です。

わたしは街並みを楽しみながら歩くのが好きなので、旅行では歩ける限りは歩くようにしているのですが、ポツダム中央駅→オランダ地区→サンスーシ宮殿→新宮殿は想像以上に距離があり、日差しも強かったこともあって帰りはさすがにバスとトラムを利用しました。

ポツダムに来るときに購入した1日乗車券でポツダム市内のバスとトラムも利用できるので、しっかり活用していただければ!

ポツダム市内のバス

ポツダム中央駅の北口に出ると、バスターミナル+トラム乗り場があります。最初からバスまたはトラムを利用される方はここから乗っちゃってください^^

ポツダム バスターミナル

バス路線はいくつか種類があるのですが、サンスーシ宮殿であれば一旦via Sansouci(サンスーシ宮殿経由)と書かれている行き先のバスに乗ればOKです。サンスーシ宮殿の裏手につけてもらえます。

またバスはサンスーシ庭園内も走っっているようで、庭園内を歩いているときにバス停(黄色い立て札で「H」と書かれているのが目印)をいくつか見つけましたので、庭園歩きが辛くなった場合は途中でバスを拾うのもよさそうです。

ポツダム中央駅に向かう場合は、”Hauptbanhof”行きの路線に乗れば大丈夫!(複数路線があります)。

ポツダム 市内バス

ポツダム市内のトラム

バスと違ってどこを走るのかが比較的わかりやすいトラムは、言語がわからない国で強力な仲間となってくれます。

ポツダム 電車 トラム

トラムは流石にサンスーシ庭園内は走っていないのですが、オランダ地区やポツダムのブランデンブルク門、もしくはサンスーシ公園の北側に行く場合に便利です。

わたしは帰りは新宮殿近くから北回りのバスに乗ってオランダ地区まで行き、そこで先ほどのパン屋さんで遅めのランチを取ってから、パン屋さんの目の前のトラム乗り場からピューっとポツダム中央駅まで戻りました。

* * *

個人的にとーってもおすすめなポツダム観光ですが、みなさんにも刺さるかしら・・・ベルリンから小一時間で行けちゃうので、時間があったらぜひ訪れてみてください^^

ニコラス教会
ポツダム美術館
ポツダム美術館
ポツダム ニコライ教会