ANA NH891便 ビジネスクラス搭乗記

ANA羽田→ホーチミン ビジネスクラス搭乗記 NH891便

2024年のGWは、短期日程でベトナムとマレーシアへ飛び立ちます。この2カ国に行きたかったというよりは、期間内で予約できるビジネスクラス路線がこの2カ国だったため、複数都市周遊で特典航空券を発券しました(ベトナムは3ヶ月前に行ったばっかり)。ベトナムからマレーシアへの移動はスターアライアンス加盟のシンガポール航空で移動します。必要マイル数等については記事の最後でご紹介します。

GWの羽田空港

GWなので激混みかと思い少し早めに羽田に着いてみたものの、第3ターミナルは拍子抜けするほど空いていました。GWも後半に差し掛かっているので今から出国する人は少ないのでしょうか。

羽田空港では元々国内線専用だった第2ターミナルを最近国際線の発着にも拡充しているため、もしかしたらその影響で少し空いているのかも?チェックインカウンターはビジネスクラスもエコノミークラスも両方ともほとんど列がなく、大変スムーズでした。

ラウンジも随分と空いていて、いつもは座れない滑走路前の席を確保することができました。

羽田空港ANAラウンジ カレー

ボーイング787のビジネスクラス座席

全246席のうち、ビジネスクラスは全40席。ファーストクラスの設定なく、ビジネスとプレミアムエコノミーとエコノミーの3クラスでの提供です。

ANAビジネスクラスキャビン

座席構成は1×2 ×1。わたしは今回1人旅なので最前列の一番右側の席を予約しました。

ANAビジネスクラス 1Hの座席
手元のリモコンで操作できます

座席自体の幅はそこまで広くはありませんが、各席に設けられている物置台が広く、各人にあてがわれているスペースがかなりあります。

ANAビジネスクラス座席

足元は横になった時に身長160cmのわたしだと結構余るくらい。男性でもしっかり脚を伸ばせるのではないでしょうか。

ANAビジネスクラス 着席時

個室タイプではありませんが、隣の座席と視線が合わないように微妙に列をずらしてあり、1人の空間を楽しむことができます。

ウェルカムドリンクとアメニティ

離陸前に ウェルカムドリンクとしてスパークリングワインとオレンジジュースが提供されました。わたしはアルコールが飲めないのでもちろんオレンジジュース。

ANAビジネスクラス ウェルカムドリンクのオレンジジュース

アメニティはアメニティバッグではなく、CAさんがカゴに入ったものを持って回ってくれ、歯ブラシやアイマスク、マスクなどから必要なものをいただくことができます。そのほかに座席にはスリッパとパナソニックのヘッドセットが準備されていました。

ビジネスクラス機内食

NH891便は17:10出発のため、離陸から1時間ほどで夕食が提供されました。ビジネスクラスでは、和食と洋食から選ぶことができます。

大抵洋食を選ぶわたしですが、無料で使えると思っていた機内Wi-Fiがビジネスクラスでも有料だったため、諦めて寝るしかないと思い消化のよい和食を選択しました(ビジネスクラス無料や割引の航空会社も多いのでかなり想定外。ANAは国内線誰でもWi-Fi無料で使えるのに泣)

ANAビジネスクラス機内食 NH891便 和食膳

洋食の場合メインはお肉とお魚から選べましたが、和食では1択のみで本日は鱒の桜の葉包みでした。

ANAビジネスクラス機内食 NH891便 和食膳 メイン
鱒は野菜の下に埋もれています。左の白い包みは俵ご飯

小鉢にもさくらの塩漬けが使われていたり、菜の花の和物がふんだんにあったりと、季節を感じられるお料理でした。

ANAビジネスクラス機内食 NH891便 盛り合わせ
小鉢類はちょっと冷たすぎかも?

デザートはガトーショコラでした。チョコレートが結構濃厚で、おいしかったです。

ANAビジネスクラス機内食 NH891便 ガトーショコラ

夕食後は好きなタイミングでおうどんなどの軽食を頼むことができます。わたしは寝る気満々だったため、食後のコーヒー(デカフェ)とハーゲンダッツだけいただきました。

就寝時

食事が終了して1時間ほどで、機内の照明が落ちました。6時間ちょいの飛行時間のうち、完全な夜間モードになっていたのは2時間半ほどでしょうか。

わたしは一番前の座席でお食事を終えるのも早かったため、機内が明るいうちから座席をフルフラットにしてくつろがせてもらいました。機材によっては一度立ち上がってよっこらせとベッドメイキングすることもありますが、ボーイング787ではリクライニングボタンを押し続けるだけでフルフラットになるタイプでした。

ただ1つとても残念だったのは、マットレスの用意がなかったこと。座席のリクライニングでフルフラットになる場合は、どうしても座面が硬いため薄いマットレスを用意している航空会社が多いのですが、ANAでは毛布のみの提供でした。贅沢を言うようですが、マットレスがないためフルフラット時にどうしても生じてしまう段差がそこそこ痛く、寝心地はエコノミー3列シートに横になれたときのような感じでした。

路線が増えても必要マイル数は変更なし

今回、往路の羽田→ホーチミン(ベトナム)はANAビジネスクラス、クアラルンプール(マレーシア)→成田はANAのエコノミークラスで予約しました。

往復ともにビジネスクラスが取れるとよかったのですが、残念ながら往路はどの路線も予約待ちとなっており泣く泣くエコノミークラスで予約しました(といってもGWの繁忙期に特典航空券を予約できただけありがたいのですが)。

最初はオープンジョーで特典航空券を予約し、ホーチミンからクアラルンプールの移動は別途格安航空券を購入しようかと考えていましたが、興味本意で色々検索してみると、なぜかホーチミン→クアラルンプール間の区間が追加になっても、発券に必要なマイル数は変わらないことがわかりました。

今回はシンガポール航空の運行のため、ホーチミンシンガポールシンガポール→クアラルンプールと2便追加になるにもかかわらずです!

しかもどちらもビジネスクラス。シンガポール航空は世界で一番好きな航空会社ですし、ビジネスクラスであればチャンギ国際空港のシルバークリスラウンジを利用することもできるのでお得すぎる!ということで、今回4区間をマイルで予約しました。

必要マイル数は53,000マイル、諸税や燃料サーチャージ代が47,000円ほどでした。アジアの空港は諸税が安くて助かります。残り3区間のフライトも目一杯楽しみたいと思います。

HOME 空の旅 航空会社 スターアライアンス ANA ANA羽田→ホーチミン ビジネスクラス搭乗記 NH891便

記事作成には膨大な時間と労力がかかっています。少しでも「面白い」「役に立った」と感じていただけましたら、応援いただけると幸いです。1文字2円、100円から応援できます。定期的にご支援いただける方を対象とした「メンバーシップ」プラン(100円/月〜)ではブログにご支援者のお名前を掲載いたします。

OFUSEで応援を送る

7年間の会社員生活ののち、2023年からフリーランス。会社員時代は年に5~8か国を旅行。フリーになってからは長期滞在で暮らすように旅行中。2023年6月バンコクに新築コンドを購入。最新の旅の写真はInstagramで投稿。

お知らせ:アジア各国で見つけた雑貨を近々オンライン販売する予定です。本サイト「ゆっこぷー・どっとこむ」でもお知らせ予定ですので、ご興味を持っていただけた方は、サイトをブックマークいただくか、上のボタンからInstagramをフォローいただけると幸いです。販売前の商品を個別に先行販売(10~15% OFF予定)することも可能ですので、どんな商品があるか気になる方はお気軽にDMください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です