プラハ城 見どころからアクセス・チケット購入方法まで

世界遺産のプラハ城 

世界遺産に登録されているプラハの歴史地区の中で外せないのが、プラハ城ですよね。観光の最盛期ではない11月末でも多くの観光客で賑わっていました。さすが!

プラハ城は実際とても素敵なところだったのですが、最寄駅からの道がわかりにくくてかなり時間をロスしてしまったり、前情報に踊らされて危うく大聖堂に入れなくなりそうだったりと色々あったので、教訓も込めて正しい情報をこちらにまとめていきます。

プラハ城の入場料

チケットの種類

チケットの種類はいくつか用意されているのですが、プラハ城各種エリアに入るためのチケットとしては”プラハ城 Bコース”と呼ばれる250CZK/人のチケットを購入すれば十分満喫できます。このチケットでは以下の4つの場所に入ることができます。

  • 聖ヴィート大聖堂
  • 黄金の小径
  • 聖イジー教会
  • 旧王宮

350CZKの”プラハ城 Aコース”チケットでは上記に加えて「プラハ城歴史物語」という常設展とロジュンベルク宮殿に入ることができ、そのほか敷地内の各種美術館や展覧会のチケットも用意されています。

…が、個人的にはプラハ城Bコースチケットで有名どころはすべて押さえているので、時間に余裕がなければこれだけでかなりおなかいっぱいになるかと思います。

チケットの割引と有効期限

16歳以下の子供ならびに26歳までの学生、65歳以上のシニアはすべてのチケットが半額になります!

また家族連れには朗報で「家族チケット」なるものがあり、大人2人と子ども5人までが一般料金の2倍の値段で入ることができるのです!つまり、プラハ城Bコースチケットであれば、大人2人分の値段でプラスアルファ子ども5人まで無料になるという神具合。

プラハ市民会館のガイドツアーでもまったく同じ割引システムだったので、プラハ全体で決められている仕組みなのでしょうか?

なおすべてのチケットは2日間有効ですので、2日に分けて入ることも可能です。ただし1度入った場所へは同じチケットで2度入ることはできません。

「いやいや入ったかどうかわからないでしょ」と考えたそこのあなた、甘いです!プラハ城全体の伝統的な雰囲気とのミスマッチで笑っちゃうのですが、入口にそれぞれ改札があってチケットのバーコードを読み取らせる必要があるのです。

そのほか各種チケットについてはプラハ城公式HPに記載されていますので、ご覧ください。

オンライン予約は不可

日本のチェコ観光局の方から「プラハ城はかなり並ぶ」との前情報をいただいていたので、事前にチケットが購入できないかと思ってプラハ城の公式HPを読んでいたのですが、残念ながら前売りはありませんでした。

プラハ城内のチケット売り場

プラハ城のチケット売り場について公式HPには以下のように記載されています。

Tickets are available in Information Centres of Prague Castle in the second and in the third courtyards, in the Prague Castle Picture Gallery, in the Old Royal Palace and at two ticket offices in the Golden Lane.

https://www.hrad.cz/en/prague-castle-for-visitors/tickets
  • 第2中庭にあるインフォメーションセンター
  • 第3中庭にあるインフォメーションセンター
  • プラハ城写真ギャラリー
  • 旧王宮
  • 黄金の小径にあるチケットオフィス(2か所)

で販売されています。わたしたちは第2か第3どちらかはわかりませんが、聖ヴィート大聖堂前のチケットオフィスで購入しました。

プラハ城の中庭

なお、チケット購入時にクレジット払い可能です!ただし、敷地内の公衆トイレの利用には入口で10CZKがキャッシュで必要ですので、コインの持参をお忘れなく・・・

ミュシャがデザインした大聖堂のステンドグラスの大聖堂

プラハ城は「城」と名前がついていますが、遠くから見て「お城だ!」と思う建物は実は「聖ヴィート大聖堂」です。そしてこの聖ヴィート大聖堂の窓に嵌めてあるステンドグラスをデザインしたのが、プラハが誇る世界的画家ミュシャ(ムハ)なのです。

プラハ城 ミシャ ステンドグラス
プラハ城 聖ヴィート大聖堂
プラハ城 ミュシャ

世界の色々なところで多くの大聖堂とそのステンドグラスを見てきましまが、文句なしにこの聖ヴィート大聖堂のステンドグラスがきれいだと感じました。また滞在中、市内にあるミュシャ美術館も訪れましたが、こちらはちょっと拍子抜けな感じだったので、ミュシャの女性画を観たいのでなければ、聖ヴィート大聖堂と市民会館の市長ホールを観に行くことをおすすめします!ミュシャの圧巻の色遣いに感動すること間違いなしです。

なお、わたしたちが訪れた際は聖ヴィート大聖堂の開館時間は12時〜15時のみで、12時半に入った時にはとてつもなく人で溢れておりました。出発前にチェコに詳しい方から「プラハ城は並ぶから9時のオープン前に行って待機した方がいいよ!」と教えてもらっていましたが、朝来てたら大聖堂の中には入れなかったんじゃ…

聖ヴィート大聖堂に入るにはかなり並びましたが、列が進むのが思いのほか早く、10分ほどで入ることができました。日によって開館時間が異なるかと思われるので、ぜひ直前に確認してみてください。

錬金術師の家が残る黄金の小径

プラハ城Bコースチケットで入ることができる場所で楽しいのが、王室お抱えの錬金術師が住んでいた「黄金の小径」です。見た目に黄金かと思いきやかわいい家々が並んでいる一画で、錬金術師感が満載の甲冑などを見ることができる家もあれば、お土産にもぴったりなプラハの雑貨を購入できるお店になっている家もあります。

プラハ城 黄金の小径

こちらのリースはたしか15,000円くらい。きれいに持って帰れるなら買いたかったなー!

プラハ城 お土産
プラハ城 黄金の小径 お土産

黄金でこそないものの、カラフルなおうちが並んでます。

プラハ城 黄金の小径 観光

プラハ城旧王宮

そしてこちらが王宮です。横に長い形はウィーンのシェーンブルン宮殿やストックホルムの王宮に似ています。

プラハ城 旧王宮

実はこう見えて、世界で一番大きい王宮なんだとか。

見学で入ることができる場所はほんの一部ですが、The・中世という雰囲気が満載で、これはこれで楽しいです。

プラハ城 旧王宮 内部

聖イジー教会

聖ヴィート大聖堂の裏手に建っているのが聖イジー協会で、こちらもかなりの年代物。外観はとっても可愛らしい一方で、内観は歴史を感じます。

プラハ城 聖イジー教会

聖イジー教会。教会前の広場ではクリスマスマーケットが開かれていました。

プラハ城 聖イジー教会 ステンドグラス

出口手前の天井壁画が素敵すぎた。

プラハ城 聖イジー教会 クリスマスマーケット

プラハ城への行き方(地図付き)

プラハ城はモルダウ川を挟んで旧市街・新市街エリアの反対側にあり、プラハ国際空港もプラハ城側にあるので時間を有効に使うために荷物を持って行こうかなどと話していたのですが、持って行かなくて正解でした。というか持って行くのは不可能です笑

というのもプラハ城は小高い丘の上に建っており、どこからアクセスするにしても最終的には石段を登る必要があるからです。また、そこまでの道はもちろん石畳みで、なおかつどのルートを通っても最寄駅からある程度歩く必要があるという。プラハ城観光は身軽な状態で臨みましょう!

プラハ本駅からプラハ城へのアクセス

現地で色々調べてみたのですが、プラハ本駅からプラハ城まで直接アクセスする方法は、このルート一択な気がしています。

  1. プラハ本駅の駅舎を抜け、駅舎横のトラム駅”Hlavní nádraží(プラハ本駅)”に行く
  2. トラム15番線に乗る
  3. 約10分乗り、Malostranská駅で降りる
プラハ本駅 プラハ城 アクセス

と、ここまでは完璧だったのですが、Malostranská駅で降りてからわたしたちの迷走が始まります。あとで調べたところによると、Malostraská駅を降りてからは以下のルートで歩くと最短なようでした。

プラハ城 最寄駅

まっすぐ進んで、左に曲がって進むだけですね。うん、シンプル!

しかしわたしたちはその一個手前の道で曲がってしまったために、ぐるぐるして30分くらい時間をロスしてしまいました…通ったルートがこちらです。

プラハ城 駅

まあそのおかげで道中にあったヴァレンシュタイン宮殿や聖ニコラス教会を見ることができたんですけどね。聖ニコラス教会がある広場から少し坂になっている小径を入ると見えてくるのがこの階段!

ここまで長かった……

プラハ城 アクセス 階段

階段の途中にはかわいいお店がたくさん。

プラハ城 アクセス お店

Malostraská駅を降りて一つ目の道に入ったとこ。みなさんはお間違えなきように!

プラハ城 Malostraská

ヴァレンシュタイン宮殿▼

プラハ城 近く ヴァレンシュタイン宮殿

ヴァレンシュタイン宮殿からさらにくだったとこにある広場。後ろに見えるのが聖ニコラス教会▼

プラハ城 近く 聖ニコラス教会

しかしこちらの遠回りルートで階段を登った先はちょうどプラハ城の正面になっており、あの有名なプラハ城のスタバもありました。プラハ城正面から見える景色がこちらです。

プラハ城 景色

階段を登って右手が広場になっていて、この手前側がプラハ城敷地内への入口です▼

プラハ城 正門

プラハ城の敷地内自体へは無料で入ることができますが、ここから先は手荷物検査・身体検査がありますので、タイミングによっては結構待つことになるのかも。

いかがでしたか?少しでもプラハ城観光のお役になれば幸いです!