朝食が最高すぎるクラリオンホテルアマランテン

今回のストックホルムのお宿は「クラリオンホテルアマランテン」。
中央駅から徒歩5分の好立地に佇むホテルです。外観はぶっちゃけ古いのですが(というかストックホルムで綺麗な(新しい外観の)ホテルは皆無。シェラトン、ヒルトンさまもふっつうに古かったw)、中は改装されていてモダンな感じ。
お部屋は普通ですが、朝食が最高!という1点において、次また来ることがあってもここに泊まりたいですね(´ω`)

ロビー

モダンな感じのロビー。チェックイン、チェックアウトが秒で済みます(フロントのお姉さん優秀)。午後には無料で飲めるコーヒーが出ていてさすがストックホルム!といった感じです。

クラリオンホテルアマランテンのロビー

ホテルのろうかは普通▼

クラリオンホテルアマランテンの廊下

お部屋

完全にわたしの失態で、お部屋の写真を撮るのを忘れていたのですが、一言で言うと部屋狭い!写真です見てたのと違うやんけーと突っ込んでいると、たしかにこの部屋の写真載ってました(hotels.comさんから拝借)。やっぱり自分で部屋タイプを指定しない旅はあかんですね。。。

クラリオンホテルアマランテンのお部屋

水回りはシャワールームと洗面台で、かなーり清潔。ドライヤーはスーパー強い。さすが220Wの国。水圧も温度調節も申し分ないです。

ただ、いかんせん狭い笑 たしかに寝るだけなのでほぼ問題ないのですが、スーツケース2つ広げるともう床がいっぱいだぜ…

……と、部屋に対する満足感は低いものの、それをすべて吹き飛ばしてくれたのが朝食!!!

今まで食べたホテルビュッフェで2番目に善き朝食

わたくし食にはかなりうるさいのですが、ブュッフェ形式の朝食でこんなにテンションが上がったのは久しぶりでした。種類が多くて味も抜群!

クラリオンホテルアマランテンの朝食(フルーツ)

新鮮なフルーツはもちろん、

クラリオンホテルアマランテンの朝食(コールドミール)

種類豊富な冷製のお肉にチーズ。

これまで食べた朝食ブッフェNo.1は、日本の5つ星でもなんでもなく、ドレスデン(ドイツ)のラマダホテルでございました。朝食で出てきたケーキの種類すごかったなぁ…

ラマダは抜けずとも、ここ本当に美味しいんです。特にパン!!!白パンから黒パン、食パンから丸いパンまで常に10種類くらい出ていて、それに添えるジャムも豊富。個人的には実がそのままの形でゴロゴロ入った木苺のコンポートがオススメ!コンポートなのでパンにつける用ではないのですが、あの実の存在感は反則でしたので……

パンの種類がものすごくて、3か所くらいにそれぞれ違うものが置いてあります▼

クラリオンホテルアマランテンの朝食(山積みのパン)

グラノーラもやドライフルーツもたんまり▼

クラリオンホテルアマランテンの朝食(シリアル)

ヨーグルトは3種類の味▼

クラリオンホテルアマランテンの朝食(ヨーグルト)

わたしの大好きなスモークサーモンも毎日食べられて幸せ♡お肌綺麗になっちゃうわ。

ここのホテル高さがない割にかなり部屋数があるようで、毎日とても混雑していました。みなさん朝食抜いてないということですね!

初日の朝食。奥のパンと深いお皿までが私の一人分w▼

クラリオンホテルアマランテンの朝食

オムレツを作ってくれてるお兄ちゃん。具材を自分で注文できます▼

クラリオンホテルアマランテンの朝食(エッグスタンド)

部屋の狭さなど気にならないくらい最高の朝食を出してくれるホテルでした。

p.s.部屋がちょっと暑かったのですが、フロントに電話すると①窓を開ける(中央制御)②扇風機を持ってきてもらう③冷房を入れてもらう(中央制御)の選択肢がありました。とりあえず扇風機で事足りましたが、ヨーロッパなのに冷房あるのはありがたい。

\SNSフォローいただけると励みになります/

ストックホルム記事一覧
ホーム > 海外 > ヨーロッパ > スウェーデン > ストックホルム > 朝食が最高すぎるクラリオンホテルアマランテン
Yuccpooh

会社員をしながら連休には海外に飛んでいるタビジョ。2年ぶりに海外旅行再開。中でもヨーロッパが好き。語学マニアで、旅行投稿にまじってたまに語学系の投稿も。2023年オランダでワーホリ計画中でオランダ語勉強中。Instagramで最新の旅の写真をアップしています。更新情報はTwitterでつぶやきます。ゆっこぷーについてのもっと詳しい情報や、ゆっこぷーにお仕事を依頼してみたいという方は、上部にあるウェブサイトアイコンか名前をクリックして詳細をご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です