ノーベル賞晩餐会が開かれるストックホルム 市庁舎のガイドツアー 晩餐会のトリビアや他にも見所たくさん

ストックホルム観光の最後は、ストックホルム市庁舎に行ってきました!ノーベル賞の公式晩餐会会場として使われている場所です。市庁舎の地下では晩餐会のメニューがフルコースでいただけるようなのですが、そこそこいいお値段するので断念。

市庁舎内部はガイドツアーでしか入ることができず、国会議事堂と違って有料なのですが、110sek払う価値はあります!朝10時から1時間に1回開かれてるので、融通が利きやすいのも観光にはありがたいです。

青色じゃない「青の間」

さて、入口を入るとすぐに見えてくるのが青の間と呼ばれる空間。ノーベル賞晩餐会がまさに開かれる場所です。

ストックホルム 市庁舎のガイドツアー(青の間)

全く青くないのに青と呼ばれるのは、設計者が当初は青にするつもりだったものの、途中でよりよいデザインを求めてイタリアに留学したところ、やはり青くするべきではないという風に考えが変わったからなのだとか。なので一度は部屋の名前を変えようとしたものの、すでに色々なところで「青の間」の名前が使われていたため、公式的にも定着したそうです。

それにしてもこの高さで柱が一本もないのはすごいなー。

なお、青の間にはいくつか工夫がされているそうで、高いハイヒールにロングスカートを履いた女性でも歩きやすいよう、階段の段差が低くなっており一段あたりの幅も通常よりも3割ほど広く取っているというのです。

また階段から見て右手の壁には1カ所星のマークがあり、階段を降りてくる人がこの星に目線をやることで自然に背筋が伸び、胸を張ることができるようにしているのだとか。こういうトリビアを知ると、次回の晩餐会中継がたのしみになります^ ^

ストックホルム 市庁舎のガイドツアー(青の間の星マーク)

オシャレすぎる議場

国会議事堂よりもいいな〜と思ったのはこの議場!席、壁、天井すべてがオシャレすぎる・・・!!しかも聞くところによるとストックホルムの議員さんたちはほぼ兼業らしく、普段は普通に会社員とかをやっていて、月に一度第3火曜日だったかな?にのみここに集まるそうです。なので議会があるのはいつも夜なんですって。もちろん傍聴もできますよ!

ストックホルム 市庁舎のガイドツアー(議場)
ストックホルム 市庁舎のガイドツアー(議場の天井)

本物の金を使った黄金の間

最後に案内されたのが黄金の間。こちらでは壁に金箔を使用しており、総重量なんと10キロになるんですって。金閣みたいですね。

ストックホルム 市庁舎のガイドツアー(黄金の間)
ストックホルム 市庁舎のガイドツアー(本物の金をあしらった黄金の間)

あんまり説明聞いてなくて土下座なのですが、正面の絵は結構シュールなことになっていて、アメリカの国旗があったり、象が描かれていたりとなんとも複雑な様相。



こんな感じで約1時間のツアーが終了しました。本当は高さ110メートルの塔にも登りたかったのですが、船の時間があったため泣く泣く退散。ちなみに塔も予約不可で、当日券を買うしかないみたいです。

ストックホルム市民であれば無料でここで結婚式を挙げられるらしく、実際ウエディングドレスを着た方を何人か見かけました。市民に愛されてる場所なんですね。無料でも都庁で結婚式挙げたいとは絶対ならないから、趣のある建物が羨ましい。

国会議事堂と違って市庁舎は一年中ガイドツアーをやっているようなので(冬は短縮営業)、ぜひストックホルムのシンボルに行ってみてください〜!

ホーム > 海外 > ヨーロッパ > スウェーデン > ストックホルム > ノーベル賞晩餐会が開かれるストックホルム 市庁舎のガイドツアー 晩餐会のトリビアや他にも見所たくさん