ベルギーお土産の決定版!ブリュッセルグラン・プラス近くの通りで大量買い

ベルギーといえばチョコレートやワッフルのイメージが強いですが、お土産がそればっかりになるのは味気ないもの。本記事ではブリュッセルの街の中心「グラン・プラス」周辺で見つけたベルギーでおすすめのお土産を紹介します!

今回購入したベルギーお土産一覧

さて、今回わたしがベルギーのブリュッセルで購入したお土産がこちらです↓(一部お土産じゃなくその場で食べちゃったチョコも含まれてますがw)

ベルギーお土産

ベルギー雑貨とアクセサリーを置いているお店QUTALAで購入したストールに、OIL & VINEGARで購入したマンゴー入りブルスケッタの素。KUSMI TEAで購入したガラス製の水筒に、Café Tasseで購入した小包装のチョコレートセットとホットチョコレートの素。最後にLa Maison du savon de Marseilleで購入した大量の石鹸です。

一部を除いてどれもベルギーやブリュッセル限定のお店というわけではないので、「ここでしか買えない」限定感はないのですが、日本で買う場合の1/2~1/4くらいのお値段でお得に購入することができたり、そもそも日本では売られていなかったりするので、そういう意味ではここで絶対買うべきものなのです!

ブリュッセルの「お土産通り」

さて、今回わたしが購入したこちらのベルギーお土産ですが、なんと、ほとんどが1つの通りに集約されています。20秒歩けば次のお店に当たるような充実度から、わたしは勝手にこの通りを「ブリュッセルのお土産通り」と命名しましたw

ベルギーお土産 ブリュッセル地図
上の写真の番号と対応しています

ブリュッセルの街の中心「グラン・プラス」から歩いて2~3分のところにある通りで、個人的にほかの通りと比べて圧倒的に魅力的でした。一つ一つ細かく見ていきますね!

①ベルギー雑貨・アクセサリーのお店QUTALA

QUTALAではストールを購入しました。なにせ5月なのにこの日ベルギーが異様に寒く、持ってきた服ではベルギーの寒さに対抗できなくなっていたのです。

TEQULA ベルギーお土産

店名の下に書かれている内容からは、宝石とアクセサリーのお店とのことですが、様々な素材・柄のストールが店内にところ狭しと並んでいました。わたしが見た感じ、9ユーロから21ユーロと値段に幅があり、使われている素材によって値段が変わっているような感じがしました。

ちなみにわたしが購入したストールは15ユーロ。とても肌触りがよい素材で気に入っています。

わたし調べでは、さすがにQUTALAは日本にはなさそうです(というかむしろブリュッセルのここ1店舗だけのよう)。

②激ウマな香辛料とオイルとお酢のお店OIL & VINEGAR

OIL & VINEGARは日本にも店舗がありますし、ベルギー以外のヨーロッパ諸国にも展開しているのですが、ベルギーで買うとどの商品も日本で買う場合に比べて2分の1以下で買えてしまうんです…!!

OIL & VINEGAR 調味料 ベルギーお土産

OIL & VINEGARはもともとベルギーの東の都市リエージュで大きめの店舗を見つけていて、そちらでオリジナルのブルスケッタの素と3種類のビネガーをすでに購入していたのですが、ホテルに帰って日本のOIL & VINEGARを調べたところ、ブルスケッタが1瓶2,000円もすることがわかったので、次に店舗を見つけたらもっと購入しておこうと心に決めていたのです(ベルギーで買うと6.5ユーロ!)。

そこで追加購入したのがマンゴー入りのブルスケッタの素。ベルギーのOIL & VINEGARでは試食がたくさん並んでいるので、色々な食材や調味料を試すことができるのです。オリジナルブルスケッタももちろんとっても美味しいのですが、マンゴー入りはフルーティさが加わってまた別の美味しさがあります。

余談となりますが、リエージュで購入していた3種のビネガーとオリジナルブルスケッタの素がこちら↓

フィグビネガー、クランベリービネガー、チョコレートビネガーです!ビネガーとオイルはすでに瓶詰めされているものもあるのですが、わたしは少量ずつ色々な種類を試したかったので、スタッフのお姉さんに頼んで100mlの瓶に入れてもらいました(海外あるあるでなんでもとりあえずダメ元で言ってみるのが大事)。ビネガーとオイルの種類にもよりますが、100mlあたり1.95~3.25ユーロほどです。瓶代が別途かかるので(この100mlの瓶の場合は1.75ユーロ)、最初から購入するつもりの方は日本から容器を持って行った方がよいかも。

③二重構造の水筒を購入KUSMI TEA

KUSMI TEAはもともとロシアのサンクトペテルブルク発祥のお茶のお店ですが、直近でサンクトペテルブルクに行くことはなさそうなのでベルギーで発見できて嬉しい。

KUSMI TEA ベルギーお土産

日本で目にしたことがある方もいらっしゃるかとは思いますが、日本の店舗は今のところデパートの一角にある感が強く、かなり種類も限られています。
日本(東京)にあるショップ一覧↓
https://www.kusmitea.jp/shops/

なのでわたしもKUSMI TEAの路面店を見るのは初めてで、とっても興奮しました!

この日ブリュッセルは5月なのにとても寒かったのでショップでお茶の試飲をもらいつつ店内を散策。茶葉も魅力的ではあるのですが、ティーパックに入っていないお茶を入れるのはちょっと片付けがめんどくさい気持ちもあり悩む・・・

そんな時に目にしたのがこちらの水筒!スタッフを捕まえて話を訊いてみると、これはKUSMI TEAの水筒の特徴で、内部が二重になっているため冷めにくく熱しにくい特徴があるんだとか。もちろん間の部分は真空。しかもガラス製でおしゃれなのにそんなに重たくないのが嬉しい!もちろん激軽というわけではないけども少なくともスタバで売っている陶器のタンブラーよりは断然軽くてわたしは大いにありでした。

柄はもう1種類あって、そちらは南国の葉っぱ柄だったのですが、どんな色のお茶でも合うのは白かなと思い、白い柄の水筒を購入しました。しめて29.8ユーロ

水筒はこのほかにもサイズ、形状がちがうものがいくつかあったのですが、どれも日本のオンラインショップでは売っていないものばかり!ちなみに日本のオンラインショップではKUSMI TEAのマグがいくつか売られているようなのですが、ベルギーで買うと28.7ユーロのマグが日本だと5,400円もする事実を発見…!やはりヨーロッパブランドのものはヨーロッパで買った方が圧倒的に安いですね。

④小包装のチョコが嬉しいCafé Tasse

お次はベルギー生まれのチョコレートショップCafé Tasseです。コーヒーのおともとしてのチョコレートとして生まれたショコラトリーですが、わたしが嬉しかったのは、美味しい小包装のチョコレートがお安く売られていたから…!

CAFE TASSE ベルギーチョコお土産

職場でばらまきたくても、海外だとどうしても小包装のお菓子に出会うのが難しいですよね。でもせっかくベルギーに来たのでお土産は美味しいチョコレートと決めていたわたしは、絶対に小包装になっているチョコレートをゲットしたかったのです。

そこで見つけたのがCafé Tasseのミニタブレット。5種類20枚入りで9ユーロです。

そして自分は恋人へのお土産にはホットチョコレートの素!バニラフレーバー、キャラメルフレーバー、シナモンフレーバー、オレンジフレーバー、ヘーゼルナッツフレーバーの5種類を購入しました。温かいミルクに溶かして楽しむのですが、これはもうわたし飲む前からわかってるんです。絶対美味しいやつ!

なお、ホットチョコレートの素はビターチョコレート味と合わせて6種類×2=12袋セットで少しお得に売られていました^^(わたしは好きなフレーバーだけ1種類ずつ試せれば十分だったので小分けで購入しました)

ちなみにCafé Tasseのチョコレートは小包装ゆえにブリュッセル中心部に数店舗ある、「ベルギーのお菓子を集めました」的なお店でも売られているのですが、そちらで買うとどこの店舗も20個入りタブレットが9.9ユーロになっていました。1割も載せるのか・・・

いずれにしろ、Café Tasseの店舗はブリュッセル中心部のここだけなので、時間があればぜひ訪れてみてくださいね!

Café-Tasse

⑤香りが最強でお財布に優しいLa Maison du savon de Marseille

みなさん”マルセイユ石けん”というのを聞いたことありますか?ルイ14世の命で最高品質の石けん作りがフランスで始まり、その品質のよさから王族や貴族がこぞって愛したと言われるマルセイユ産の石けんの総称です。

もともとはマルセイユが石けんの原料となるオリーブオイルと塩の一大産地だったためにマルセイユ産の石けんが大量に流通し、”マルセイユ石けん”のブランドで定着したとのことですが、今ではもちろんマルセイユ産であるとは限りません。

わたしはよい香りのオーガニック石けんが大好きで、海外で見つける度に大量購入しています(なんてったって石けんに使用期限はありませんからね!)。半年ほど前にプラハに行った際にもBotanicusというチェコブランドの石けんをたくさん購入し、今回の旅でもすでにドレスデンで大量に購入していたのですが、ブリュッセルでLa Maison du savon de Marseilleを発見したからには買わないという選択肢はありません。

La Maison du savon de Marseille ベルギーお土産

La Maison du savon de Marseilleは、現存するマルセイユ石けん会社の中でも、本当によい原料を使っているとされているブランドで、日本でも高島屋などの百貨店などでも購入できるようですが値段が大違いかつ、そもそも石けんの品揃えがまったく違うので、とにかくヨーロッパで大量買いするに限るのです。

ブリュッセル中心部にあるLa Maison du savon de Marseilleでは、写真に写っている石けん1つがどれも2.5ユーロでした^^ しかも石けんの種類はちゃんと数えていませんが、この2.5ユーロのベースタイプでも30種類はくだらなかったと思います。

また、写真の中で唯一ラベルがついている石けんはドンキーミルク、つまりロバの乳の石けんで今回初めて聞いたのですが、ph7で肌に優しいということで1つ試しに買ってみました。

写真右上にあるのは石けん置きで、La Maison du savon de Marseilleのベース石けんがちょうど置けるサイズのものを2種類購入しました!すごく可愛いんですよ〜。店員さんの話によると、珪藻土でできているため石けんの余分な水分を吸って放出してくれるんですって。使うのが楽しみだー!

* * *

とまあ、熱が入ってかなり語ってしまいましたが、ベルギーでたくさんお土産が買えてわたしはとっても嬉しいのです。「ベルギー限定」「The ベルギー感」を求める方にはちょっと合わないかもですが、わたしはお土産はもらって嬉しければそれでよいのではと考える派です。ベルギーお土産の参考になれば!