イスタンブール スタバ

トルコアタテュルク空港のスタバ事情〜タンブラーやマグにWi-Fiも〜

今回マルタへはターキッシュエアラインズを利用し、イスタンブール経由で向かいました。乗り換え時間が4時間ほどだったのでイスタンブール市街へ繰り出すことは叶いませんでしたが、アタテュルク空港を隈なく見て回るには十分な時間でした!

イスタンブールといえば2018年10月に世界最大級の空港がオープンしたばかり。まさかこんなにすぐ利用する機会が訪れるなんて…!とかなりワクワクしていたのですが、今回わたしたちの便が発着したのは昔からあるアタテュルク空港の方。

残念な反面、アタテュルク空港が今後閉鎖されることを考えるとなんか貴重…!しかもイスタンブールはずっと興味のある街なので、近いうちにきっと観光でまた来ますしね!楽しみはその時まで取っておくことにしよう。

・・・と前置きが長くなりましたが、イスタンブール初上陸ということで今回もアタテュルク空港のスタバパトロールを行ってきましたよ!結論、アタテュルク空港のスタバは色々充実してますね^^

アタテュルク空港のスタバ店舗

アタテュルク空港にはスタバが2店舗入っています。

1店舗目は出発ロビー階、もう1店舗はその1階上です。わたしが見た感じ、ロビー階のスタバ店舗の方がマグやタンブラーの品揃えはよさそうでした。

出発ロビー階にあるスタバ店舗は、到着ロビーからエスカレーターで出発ロビーに上がり、免税店エリアを突き抜けると一番奥の方に見えてきます。

イスタンブール スタバ

もう1店舗のスタバは、出発ロビー階のスタバから後ろを振り向いた2階にあります。出発ロビー階スタバのすぐ近くにエスカレーターがあるのですぐわかると思います。

イスタンブール スターバックス

イスタンブールのスタバタンブラー

さて、気になるのタンブラーの品揃えですが・・・

残念ながらタンブラーについてはイスタンブールやトルコならでは感のあるタンブラーは置いてありませんでした(T_T)

アタテュルク空港 スタバ タンブラー

イスタンブールのスタバタンブラーはどこの国・都市にも増してシンプルなデザインが多い気がします。唯一上から2段目に見えている白地に顔のようなものが描かれているタンブラーがおしゃれでしたが、こちら激重です笑

値段は特に安いということはなく、タンブラーの種類にもよりますが、同種類の日本のタンブラーと同じくらい。スタバのタンブラーって、物価が安い国に行っても値段ほとんど変わらないんですよね(ゆえにバンコクに行った時、めちゃくちゃ高いなと感じましたw)(そしてスタバタンブラーは絶対物価比較には使えないw)

イスタンブールアタトゥルク空港のスタバガラスタンブラー

イスタンブールのスタバマグ

スタバタンブラーが残念な結果に終わったイスタンブールですが、マグはトルコやイスタンブールならではのデザインが取り揃えられていました!

こちらはトルコデザイン。古代遺跡や海峡がモチーフとなっています。

トルコ スタバ マグ

そしてこちらがイスタンブールデザインのスタバマグ。色使いがお気に入り。

アタテュルク空港 スターバックス マグ

自然豊かなトルコ南部の都市アンタリヤのマグや、トルコの首都アンカラのデザインマグもありました!一つの国でこんなにマグのバリエーションがあるのはかなり珍しいですね。

イスタンブール空港 スタバ マグ
トルコ空港 スタバ マグ

上記スタバマグはすべて大サイズのマグ(日本でも売ってる通常サイズマグ)です。ちょっと大きいなという方には小さいサイズのマグもあります。都市名と簡易的な図版でかなり素っ気ない感じではありますが・・・

アタテュルク空港 スタバ マグ

アタテュルク空港のスタバWi-Fi

アタテュルク空港で困ったのが、空港公共Wi-Fiが一向に繋がらないこと。Wi-Fi自体は飛んでいるのですが、認証のために電話番号を入れてもいっかなSMSが届かずWi-Fiに接続できないのです。

そこで助かったのがスタバのWi-Fi。”Starbuck Wi-Fi” といったネットワーク名ではなく、他のカフェでも使われている半公共的なWi-Fiで、PINコードを入力する必要があります。

出発ロビー階のスタバでは確認をしていないのですが、2階にある方のスタバ店舗ではこのような端末が席に無造作に置かれていて、搭乗券をこの機械にスキャンするとレシートが出力されます。そこに書かれているPINを入力すれば2時間までWi-Fiに繋げるというわけ。

アタテュルク空港 スタバ Wi-Fi

スタバの店舗が開かれているためこのWi-Fi端末自体は正直スタバを利用しなくても使える感じなのですが、スタバの外ではこのPINが使えるWi-Fiが飛んでいなかったので、ネットワークに接続したい方はスタバでドリンクを買って休憩するのがよさそうです。

ちなみに出発ロビー階にある別のカフェでは、店員さんに搭乗券を渡して発券してもらう形でした(そしてスタバとは別のネットワークなようで、スタバで発券したPINでは繋がらなかった)。

アタテュルク空港のスタバドリンク

最後にアタテュルク空港のスタバドリンクについて紹介します。

個人的な印象としてトルコはかなりオリエンタルなイメージがあったので、スタバメニューもかなり日本やアメリカとは違ったラインナップかなと思っていたのですが、基本的に一緒でした。

前回ドーハに行った際、スイーツの大きさと尋常じゃない見た目の甘さにかなりびっくりしたのですが、アタテュルク空港のスタバフードは至って普通。トルコはやっぱり中東寄りというよりヨーロッパ寄りな気がする。

ドリンクでトルコらしいなと思ったがTEAVANAシリーズの充実度。美人のお茶として知られるホワイトティーなんかも取り揃えられていて、お茶好きとしてはたまりません。

ドリンクの値段は日本よりもちょっと安いかなという印象です。イスタンブール 市街に出てないので市街の物価が把握できていないのですが、空港だからバカ高いということもないのでは?と思いました。

トルコ アタテュルク空港

スタバで散々Wi-Fiに繋いで満足したあとは、イスタンブール の激ウマパンを購入してフードコートで朝ごはんをいただきました。

アタトゥルク空港のパンとスタバドリンク

ほかの国のスタバ

わたしがこれまでに行ってきたほかの国のスタバ事情も併せてどうぞ!

ホーム > 海外 > 中東 > トルコ > イスタンブール > トルコアタテュルク空港のスタバ事情〜タンブラーやマグにWi-Fiも〜