バンコクアイコンサイアムのハイブランドフロア

バンコクのアイコンサイアム(ICON SIAM)が想像以上にすごい!

2018年11月にバンコクにオープンしたアイコンサイアム(ICON SIAM)に行ってきました。わたしが行ったときはものすごくお客さんが少なかったのですが、結論から言うと一度行ってみる価値があるショッピングモールです。実際にショッピングできるかは人によりそうですが、とにかくきれいさと豪華さが半端ないので、観光として訪れるに楽しいモールなのです。

アイコンサイアム(ICON SIAM)の立地・アクセス

アイコンサイアム(ICON SIAM)は「サイアム」という名前がついていますが、BTSのサイアム駅からは結構離れており、チャオプラヤー川を挟んで対岸に建っています。集客力の弱さの要因の一つはこの立地の悪さにありそうな気がします。

アイコンサイアム(ICON SIAM)へ行く方法

アイコンサイアム(ICON SIAM)へはいくつかのアクセス方法があります。

  1. 対岸のBTSシーロム線サパーンタクシン駅近くの船着場からシャトルボートに乗る
  2. タクシー(もしくはトゥクトゥク)で行く
  3. BTSシーロム線のクルン・トンブリー駅で降りて歩く

わたしのおすすめの行き方は、断然1か2です。サパーン・タクシン駅近くの船着場からは10分に一本の頻度でシャトルボートが出ています。シャトルボートなのでもちろん料金は無料。

わたしはより一層面倒くさがりなので、タクシー(もしくはトゥクトゥク)の利用も心からおすすめします。料金はBTS+シャトルボートを利用する場合よりは高くなりますが、そもそもバンコクはタクシーがとにかく安いので、ちょっとした距離なら金額を気にせずに乗ることができるのではと思ってます。また、アイコンサイアム(ICON SIAM)はとにかく広くてモール内だけでも結構歩くことになるので、余計な体力を使わないという意味でもタクシーはうってつけ。

BTSシーロム線のクルン・トンブリー駅から歩くのも悪くはないと思いますが、サパーンタクシン駅とクルン・トンブリー駅はチャオプラヤー川を挟んで隣の駅なので、クルン・トンブリーで降りるくらいだったらサパーン・タクシン駅で降りてシャトルボートを利用する方がよいかなと。

チャオプラヤー川から見たアイコンサイアム(ICON SIAM)

シャトル船で向かうと、すぐにチャオプラヤー川に面したアイコンサイアム(ICON SIAM)が見えてきます。

バンコクアイコンサイアムの行き方

建物としてはこっちが正面になるのかな?チャオプラヤー川から見る限りだとあまり高そうなビルに見えないのですが、実はモール内は9階まであり、1フロア1フロアの天井もかなり高いため、中に入るとずっと開けた空間が広がります。

バンコクアイコンサイアムからサパーンタクシン駅

アイコンサイアム(ICON SIAM)のフードコート

チャオプラヤー川からアイコンサイアム(ICON SIAM)へ入ると、まずこのようなおしゃれエリアに出ます。ここにレストランやカフェが入っています。

アイコンサイアムのレストランエリア
アイコンマーケットのフードコート

めちゃくちゃおしゃれですよね。天井や壁から緑がたくさん生えていて、各ショップが流線型を描いていて。こんなショッピングモール見たことない。

バンコクアイコンサイアムの営業時間
バンコクのアイコンサイアムがすごい!
バンコクのアイコンサイアムのフードコートエリア

わたしが気になったお店はタイ製のグッズを集めたセレクトショップで、かわいい雑貨がたくさん売られていました。日本に輸入したいなぁ。

アイコンサイアムの雑貨
アイコンサイアムのお土産(ピアス)

こちらはバナナの皮を使った雑貨▼

バンコクアイコンサイアムのお土産

アイコンサイアム(ICON SIAM)の超高級ショップエリア

そしてこのフロアの上が超高級ショップエリアとなっていて、世界的な高級ブランドが多数入っています。

バンコクのアイコンサイアムでショッピング

わたしが何よりも驚いたのは、世界の指折りの高級車ブランドがずらっと入っていたこと!ウン千万円の車がなぜかモール内に展示されているのですが、気軽に触られては困るからか、どこのメーカーも入口がないんです笑。本当に買うつもりがある人だけが入れる扉があるのかしら。

アイコンサイアムの高級ブランドエリア

アイコンサイアム(ICON SIAM)の最先端ショップエリア

超高級ショップエリアを奥に行くと、じゃん!

バンコクにアイコンサイアムがオープン

ここが9階まであるショップエリアです。超ハイブランドでこそないものの、ショッピングモールにしてはかなりいいお値段がするブランドが多数入っている印象です(その一方でユニクロやH&Mなどのブランドもあります)。

ほんとここは空間の無駄遣いじゃないかというような作りをしているのですが、そういうところが海外っぽくてわたしは好きです。

ちなみに、ここの4階と5階にまたがるガイドブックにも取り上げられていたフロアにICON CRAFTというお土産専用の売り場があるのですが、意気揚々と臨んだところ大したことなさすぎて肩透かしを食らいました。店員さんも3人いたのですが、めちゃくちゃ暇そう…

アイコンサイアム(ICON SIAM)の水上マーケット(スークサイアム)

チャオプラヤー川から入ってきた場所に戻って同じ階を奥に進むと、突如として全く系統の異なるショッピングエリアに出ます。それがタイの水上マーケットを模した「スークサイアム」です。

アイコンサイアムの水上マーケット

コンセプトとしては面白いのですが、ここでお土産を買おうと乗り込むと、こちらもやはり肩透かしを食らうかも。というのも、南国のフルーツや珍味をはじめとした食品は、持って帰るのが難しかったり日本人好みじゃない味の可能性が大で、タイの伝統的な染物?なども売られているのですが、こうした衣類は結構お値段がする(タイパンツで2,000バーツとか!)ので、正規の市場で購入した方がずっとお得でデザインも可愛いからです。

屋台料理は安く提供されているので、それは試してもいいかもですね。

サイアム高島屋が隣接

水上マーケットのスークサイアムをさらに奥に抜けると、なんとサイアム高島屋に出ます!

バンコクのサイアム高島屋

サイアム高島屋で売られているのは食品のみで、寿司や銀だこなんかも売られていますが値段は日本と変わりません!わたしが行ったときはマスクメロンが売られていたのですが、日本円で6,000円ほど!現地の日本人向けなのでしょうか。

バンコクのアイコンサイアムに隣接するサイアム高島屋
アイコンサイアムに隣接のサイアム高島屋

なお、サイアム高島屋に入っているドライフルーツ専門店のドライマンゴーが美味しくて、小分けになっているので配りやすくてお土産にちょうど良かったです。

バンコク高島屋ストア

アイコンサイアム(ICON SIAM)のタクシー乗り場

サイアム高島屋から外に出ると車寄せになっているのですが、ここは降車専用になっていてアイコンサイアム(ICON SIAM)発のタクシーを捕まえることができません。アイコンサイアム(ICON SIAM)のタクシー乗り場は「乗り場4」で、水上マーケットがあるエリアから外に出た乗り場がタクシー乗り場となります。高島屋から向かうと “Taxi” の案内が出ているので、それに従って歩けば大丈夫。

アイコンサイアム(ICON SIAM)周辺で観光するなら

アイコンサイアム(ICON SIAM)自体がチャオプラヤー川を挟んでバンコク中心地と逆側にあるので、せっかくならエメラルド寺院として知られるワット・パクナムに行くことをおすすめします。アイコンサイアム(ICON SIAM)からだとタクシーで10分ほどです。

宇宙を感じるタイのお寺ワットパクナム 行き方や服装の注意点も

また近くのレストランとしてはバーン・パッタイがおすすめ。チャオプラヤー川を渡る必要があるのですが、サパーンタクシン駅から徒歩5分ほどにあるので帰りがけに行きやすいかと思います。バーン・パッタイは店名の通りパッタイがメインのお店です。

バンコクのおすすめレストラン「バーン・パッタイ」ミシュランビブグルマンにも掲載!

\SNSフォローいただけると励みになります/

バンコク記事一覧用バナー
ホーム > 海外 > アジア > タイ > バンコク > バンコクのアイコンサイアム(ICON SIAM)が想像以上にすごい!
Yuccpooh

会社員をしながら連休には海外に飛んでいるタビジョ。2年ぶりに海外旅行再開。中でもヨーロッパが好き。語学マニアで、旅行投稿にまじってたまに語学系の投稿も。2023年オランダでワーホリ計画中でオランダ語勉強中。Instagramで最新の旅の写真をアップしています。更新情報はTwitterでつぶやきます。ゆっこぷーについてのもっと詳しい情報や、ゆっこぷーにお仕事を依頼してみたいという方は、上部にあるウェブサイトアイコンか名前をクリックして詳細をご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です