バルセロナの「ホテルリアルト」ランプラス通り徒歩5分の好立地

今回のバルセロナ旅行では、「リアルト (Rialto)」というホテルに宿泊しました。安すぎもせず高くもなく…というホテルなので総じて「そこそこ」なのですが、とにかく立地が最高でバルセロナを観光して回るにはとても便利でした^^

ホテルリアルトの立地・アクセス

ホテルリアルトはメトロ3番線の「リセウ」駅から徒歩5分ほどに位置しています。リセウ駅はバルセロナ一の繁華街ランプラス通りの下を通っている駅で、出口から地上に上がるとランプラス通りの真っ只中に出ます。

ホテルリアルトの地図

2駅利用可能なホテルリアルト

ホテルリアルトはリセウ駅以外にも地下鉄4番線の「ジャウメ・プリメール (JaumeⅠ)」駅が近くにあります。ジャウメ・プリメール駅からも徒歩5分くらい。

ホテルリアルト近くの観光名所

ホテルリアルトからは徒歩で行ける観光名所がたくさんあります。例えば、

  • グエル邸
  • カタルーニャ音楽堂
  • ブケリア市場
  • ピカソ美術館

などなど。また、ホテルリアルトから徒歩5分ほどで行けるTapas Royal というバルが最強におすすめなので、ホテルリアルトに泊まることがあればぜひ足を運んでみていただきたいです。詳しくはこちら▼

バルセロナのおすすめバル「Tapas Royale」タパスall 1.2ユーロ!Happy Hourでさらにお得にディナー

ホテルリアルトからタクシーに乗ると…

参考までにホテルリアルトからタクシーに乗った場合どれくらいの時間と金額になるかをご紹介します。

ホテルリアルトからグエル公園まで

グエル公園はバルセロナ市内でもかなり北に位置しており、地下鉄+徒歩で行くとかなり面倒です(Rialto1からだと1時間弱かかるっぽい)。そこでわたしたちはタクシーで向かうことにしたのですが、日曜日の早朝ということもあり道がガラガラで、ホテルリアルトから12分ほどで到着し、料金は23ユーロでした。

グエル公園は無料で入れる朝に行くべし!入場料10ユーロは高すぎる

ホテルリアルトから国際空港まで

バルセロナ国際空港は、各国・各都市の中でもかなりアクセスが面倒な方の空港に分類されます。ホテルリアルトからだと、地下鉄2本にバス1本に乗り換えて行かないといけない感じ。

数日の滞在でバルセロナの地下鉄が荷物を持って歩くのに適していないことは学習済みだったため、またまた楽してタクシーを利用することにしました。ちなみに、グエル公園へ行く際はフロントでタクシーを呼んでもらうことができたのですが、日中の時間帯はホテルリアルトの前の通りが一通になっているようで、タクシーを呼ぶよりジャウメ・プリメール駅の方へ出て拾った方が早い、と言われました。

確かにジャウメ・プリメール駅の方へ出るとタクシーはじゃんじゃん流れていてすぐに捕まえることができました。ジャウメ・プリメール駅からバルセロナ国際空港までは30分ほどかかりましたが、35ユーロで行くことができました。

時間がかかった最大の要因は市街地エリアが混雑していたからで、そこを抜けてからは高速?かバイパスのように信号のない道をブンブン飛ばしてもらえたのでスムーズに行けました。

どちらも道路状況やタクシーの運転手によって変わってくると思うので、時間と料金はあくまで参考程度にお考えください!

ホテルリアルトの客室

ホテルリアルトの客室ですが、なんと驚いたことにメゾネットタイプのお部屋でした。高級ホテル以外でメゾネットになってるの初めて見たw

すべての客室がメゾネットになっているのかと思いきや、ほとんどのお部屋はフラットなお部屋のようでした(清掃中のお部屋を覗きました)。この部屋だけなぜメゾネットなんだw

リビング

メゾネットな分、普通のお部屋より総面積は広い気がしました。スーツケースをわざわざ2階に持っていく元気はなかったのでリビングで開けるしかないわけですが、2人で広げてもまったく問題ないくらいの広さがありました。

バルセロナの「ホテルリアルト」の客室

ただコンセントの位置がとっても微妙でしたね。右下の写真のビューローの下に1個と、もう一つは壁掛けテレビの上にあったのでw

バスルーム

シャワーの水圧は問題なく、バスタブとセットになってるのでお湯を張ることもできます。アメニティはめちゃくちゃしょぼくて、シャワージェルとシャンプー・コンディショナーが一緒になってるこのタイプなので、絶対に日本から持参することをおすすめします。

またこのタイプのドライヤーを見るのは7年ぶりくらいなのですが(学生時代はよく安宿に泊まっていたので、よく遭遇しました)、どこのホテルでも一様に風圧が弱くて全然髪が乾きませんw ドライヤーも日本から持参しましょう(ヨーロッパは220Vなので変圧器か、220V対応のドライヤーを持っていきましょう)

ベッドルーム

2階のベッドルームです。階段が結構ガタガタするのでちょっと怖い・・・

リビングとベッドルームどちらにも机があるのはとてもありがたかったです。

ホテルリアルトの朝食

ホテルリアルトの朝食会場は地下1階にあります。さながらワイン蔵のようになっていてちょっとびっくり。入口で朝食券を渡します。

ホテルリアルトの朝食会場

朝食の内容はぶっちゃけ期待しないでください笑 今まで泊まったホテルの中で最弱級。まあ、「スペインが美味しい」という幻想はすでに壊れていたのであまり期待はしていなかったのですが、マドリードのホテルといい、このホテルリアルトといい、種類も少ないし、味も微妙だしで全然おすすめはできません

かといって外で美味しいものが食べられるかというとそれまた微妙で、もうなんとも言えねー笑(カフェに入ると大抵朝ごはんメニューとしてサンドイッチがあるのですが、このパンがフランスパンとフォカッチャの間のようなパンで、硬いしパサパサ目だし、中の具は総じて塩辛いし、野菜入ってないし(生ハムオンリーとか)・・・という具合なのです)。

ただ、これはきっとホテルリアルトに限らない話だと思うので、あまりマイナス点にはならないのかも。以上ホテルリアルトの宿泊記でした。