スペインの治安が悪いって本当?実際に行ってみた感想

「スペインはスリが多いから気をつけて」「ヨーロッパの中でも治安が悪いから注意した方がいいよ」---

世界一とも言われる観光立国だけあって、ほとんど海外に行かないという人でもスペインは行ったことある!という人が周りに多く、わたしがスペインに行くことを決めてから実にたくさんの人に言われました。

確かにわたしも昔テレビで、各国で自転車やワインを街の中に置きっ放しにしたら何分で持っていかれるかを検証する番組でスペインが圧倒的にすぐに持っていかれた(笑)という話は見たことがあったのですが、そんなに危ないっていうようなイメージはなく、ちょっと不思議に思っていました。

ということで、今回実際にスペインに行ってみてスペインの治安をどう感じたかについてご紹介します。

スペインの治安は悪いのか?

結論から述べると、少なくともマドリードとバルセロナについては治安の悪さはほとんど感じませんでした(ほかの街には行っていないのでわからず)。「治安」と一口に言ってもスリ、詐欺、などの対人的な軽犯罪から、暴行、殺人などの重犯罪、もしくは街が汚くてあやしいお店があるとか、人通りが少なくて夜はゴロツキが歩いていそうといった環境的な意味での治安まで様々な意味があると思うのですが、少なくともスリ以外の脅威はまったく感じませんでした。

明らかに治安が悪い街はもっとある

個人的に、西ヨーロッパで一番治安がよくないのはイタリア(特に南部)だと思っていて、ベネチアのような圧倒的観光都市は問題ないのですが、ローマやミラノなどではスリは日常茶飯事だし、駅ではスリよりもっと堂々と盗もうとしてくる人をよく見かけるし、英語がわからないふりをしてお金を誤魔化そうとする人もいるし・・・正直あまり印象がありません。

最近では特に日本人を狙った詐欺が各地のレストランで流行っているそうで(汗 ワインとパスタ1皿で5万円ほどを請求されて、払うまで店の外に出してもらえないようなことらしいです。

また華の都と言われるパリも、地下鉄は汚いし駅の落書きは半端なくて不安になるし、間違っても夜に出歩こうとは思いません。区によっては本当に夜歩くのが怖いんです(北駅とか特にね。どれくらい嫌かというと、飛行機でパリに行く時は必ず朝か昼に着くようにするレベル。シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内に列車で向かうんですが、北駅・東駅のあたりは治安が悪いのでw)

深夜でも出歩けたマドリード

そんな治安があまりよろしくない西ヨーロッパのほかの国に比べると、スペインはほんとに治安がいいと感じます。初日にマドリードのホテルに着いたのが21:30だったのですが、スペイン料理を何も食べずに寝るわけにはいかない!ということで22:00ごろからPlaza de Santa Ana(サンタ・アナ広場)の方へ向かい、バルで食事をしました。

夜のPlaza de Santa Ana(サンタ・アナ広場)
Plaza de Santa Ana

スペインの夜が遅いことは有名ですが、22時を過ぎてもどこの店もとても賑わっていて、中には並ばないと入れないようなバルもありました。行きも帰りもタクシーを拾ったのですが、帰りのタクシーはどうしてもホテルの場所をわかってもらえず(カーナビあるのに検索しないんですよねw)ホテルの300mくらい手前で降ろしてもらったのですが、まったく危険を感じませんでしたね。

タクシーでボラれることもなく

そのほか海外でありがちなのがタクシーで料金をボラれることだと思うのですが、今回マドリードとバルセロナで5回ほどタクシーに乗ったのですが、不正に料金を請求されることは一度もありませんでした(というかわたしは今まで行ったどの国でもタクシーの不正請求にあったことがないので、あまり実感としてはないんですけどね、、、)。

マドリードのタクシーもバルセロナのタクシーもちゃんとメーターがついてるし、みんなちゃんと行き先を聞いてから動かすようにしてくれるし、スペイン語で言われる金額もメーターとちゃんと一緒だし(タクシーの運転手の多くは英語が話せないと見た)、お釣りは端数まできっちり返してくれるし、遠回りされることもないしで普通にとても安全な乗り物でした。

確実に盗む気満々ですね、なバルセロナの電車

と、なかなか安全なスペインでも1回だけスリの気配を感じました。

場所はバルセロナの地下鉄。まさに電車に乗っているときです。ちょうど車両の真ん中あたりにあるポールに掴まって立っていると、なぜか途中でおばあさん1人と若い男が一人、それに若い女性が2人わたしたちを取り囲むように四方に立ったんですね。

「あーこれイタリアでよくやられたやつ」と思ってとりあえず友達と目配せして斜めがけバッグの口を持って一駅やり過ごしたら、4人とも次の駅で降りていきました。未遂だけど確実に盗ろうとしてましたね。家族でスリやってんのかなーと思うと悲しい気持ちになります。

電車って狙われる可能性高いんですよね。電車内では的は動かないし、盗って次の駅で降りればほとんど捕まえることができないので。スペインに行く時は貴重品は少なくとも斜めがけバッグに入れて体の前で持っておくことをお勧めしますが、リュックの場合も電車に乗る時は体の前に背負い直すなどして注意は怠らないようにしてくださいね。

バルセロナのデモにまさかのドンピシャ

今回のスペイン旅行にあたり一つだけ気がかりだったのが、バルセロナで行われているデモでした。

わたしたちがスペインに行ったのは2019年の11月頭だったのですが、バルセロナでは2019年10月にカタルーニャ地方の独立を求めて初回のデモが行われていました。

バルセロナ滞在中、マドリードと同じく夜間も普通に出回ることもできましたしスリを除いて特に治安の悪さは感じなかったのですが、デモ対策用に警察が用意されたと思われるバリケードが大通りの各所に設置されていました。

またバルセロナ大学の前の広場にはテントが数多く設置されており、平和そうな昼間から演説も行われていました(スペイン語だったので内容はわかりませんでしたが…)。

バルセロナのデモ

結果的にわたしが行った時は特にデモも実施されず、交通機関のストライクもなく安全に観光ができました。

心配な時は外務省ホームページで最新情報を

とはいえいつデモが行われるかもわかりませんし、同じような理由が発端となっている香港のデモはかなり過激化していますので、スペインに行く時は事前に外務省ホームページで最新情報を確認してみてくださいね。「外務省海外安全ホームページ」というサイトで見ることができます。

あなたの旅行が安全で楽しいものでありますように!