かわいくて便利すぎるスーツケース HaNT(ハント)ラミエンヌ

先日、次回の海外旅行に向けスーツケースを新調いたしました。検討に検討を重ねて購入した相棒が「Hant(ハント)ラミエンヌ」です。あのスーツケースの大手ACEが発売しているブランドです。このHaNTちゃんがとっても素敵なので、HaNTのかわいいところや便利な点をご紹介します!もちろんイマイチな点も最後に記載していますので、スーツケース選びの参考にどうぞ!

HaNT ラミエンヌのここがかわいい!

まずはHaNT ラミエンヌのかわいいポイントから!このスーツケースは、スーツケースの大手ACEの女性社員が開発したスーツケースで、女性の「これがほしい!」が詰まったスーツケースだと言えます。そのかわいいポイントがこちら!

スーツケースの中がかわいい

見てください、このスーツケースの中!めちゃくちゃかわいくないですか?わたしはオペラ・ノワール(黒)を購入したのですが、スーツケースの外観の色に応じて中のデザインが異なるんです!

HaNT スーツケース
ACE HaNT ラミエンヌ
ACEさんの公式HPから画像を拝借しました。

最後までこのHaNT ラミエンヌともう一つ別のスーツケースでどちらにするか悩んでいたのですが、最大の決め手はこの開けたときのワクワク感でした。家でも無駄に毎日開けて眺めてます笑

スーツケースの色味がかわいい

わたしが購入したオペラ・ノワールは、黒地にピンクゴールドがアクセントカラーという取り合わせです。かわいさはありつつも大人っぽい色合いで、長く使えるスーツケースだと思っています。

光の加減であまりピンクゴールドに見えませんが、実物はばっちりピンクゴールドです▼

オペラ・ノワール

スーツケースのワンポイントがかわいい

これはちょこっとしたことですが、スーツケースの下の部分に蜂を象ったワンポイントが入っているんです。”蜂が蜜を求めて飛び回って巣に戻ってくるよう、旅に出て新しい経験や楽しい思い出を持ち帰って欲しい”という願いがこもったアイコンなんだそうです。

スーツケース HaNT

HaNT ラミエンヌのここが便利!

さてここからはHaNT ラミエンヌスーツケースの便利ポイントです。このスーツケース、かわいいだけじゃなく実用面でもかなりイケてるんです。

スーツケースを立てたまま開けることができる

これもこのスーツケースに決めた理由の1つなのですが、最初の画像でもお分かりいただける通り、HaNT ラミエンヌは立ったまま開けることができるんです!(パチパチ〜!)

前ポケットのスーツケースで開けることができるタイプはよく見かけますが、完全にパカっと開くタイプでこのように立てて開けるスーツケースは見たことがなかったのでとっても驚きました。

空港でよく荷物を入れ替える方、忘れ物が多い方などにとってもおすすめです(かく言うわたしもよく空港で荷物を入れ替えるので本当に助かる!)

TSAロック付きでアメリカでも安心

はい、これ地味にとっても嬉しいですよね。TSAロックをご存知ない方のために簡単にお話しすると、TSAはアメリカで公式に認定されているダイアル式のロック方法で、もしスーツケースの確認が必要となった場合、TSAロックのスーツケースであれば鍵を壊されることなく開けてもらうことができるんです。

・・・ん?なんか変なこと聞いた気がする、というそこのあなた。そうなんです、アメリカではスーツケースを預けたあとスーツケースが検査にかけられ、疑わしいものが見つかった場合はスーツケースを開けることが認められているんです。鍵をかけている場合は問答無用で壊されます(しかも壊されたからといって弁償はしてもらえませんw)。

それがTSAロックの場合はダイアルの先に付いている普段は使わない鍵穴に専用の鍵を差すことで、鍵を壊すことなく開けることができるというわけです(この専用キーはもちろん専用機関しか持っていません)。

しかもHaNT ラミエンヌの場合はそのTSAロックがなんと2つ付き!安心感しかありません。

HaNT ラミエンヌ スーツケース

さらにTSAロックはダイアル式だと申し上げました。ダイアル式ということは、鍵をどこかに忘れてしまって開けられないということがないということです!(暗証番号を忘れてしまっては元も子もありませんが…)

わたしは前回の旅で自宅にスーツケースの鍵を忘れて空港で焦るという経験をしているので、ダイアル式ロックは本当にありがたいのです(鍵を忘れた場合にどうしたらよいのか、についてはこちらをご参考ください↓ 成田では経験がないので羽田空港限定ではありますが)

羽田空港でスーツケースの鍵が開かない事態に陥った場合は「スターキーロック」さんに出張依頼がベスト!

スーツケースの中が小分けされている

スーツケースを開けた時にがっかりするのが、細かい荷物が中で移動していて、開けた際にババババっと落ちてくること。わたしはいつも「あぁぁ、またか…」ともはや諦めの境地だったのですが、HaNT ラミエンヌを買ってからはそのようなことが一切なくなりました!

というのも、HaNT ラミエンヌは中がこれでもか!というほど小分けにされているのです。しかも立ったまた開けられることからわかるように、一番大きいポケットも両方ともファスナーで閉められるようになっています。さすが女性社員がデザインしただけのことはある…ACEさま恐るべし。

HaNT おすすめ

内張りと同じデザインのシューズケースも付いています。

HaNT 口コミ

2輪・4輪走行どちらも可能

そしてヨーロッパの石畳や坂道などを引っ張って歩くのに必須なのが「2輪走行」機能です。わたしが以前使用していた相棒は4輪走行しかできなかったので、坂道やガタガタ道は後ろから押して歩いておりました。

このHaNT ラミエンヌは4輪で自由自在に方向転換ができる一方で、2輪で引っ張ることができるので、楽に走行することができます。4輪のみを知っている身としてはかなり必須機能です。

ストッパー付き

そしてもちろんストッパーも付いてますよ!動かないようにしたい時はスーツケースの背面に付いているダイアルを90度回すだけでロックがかかります。電車に乗っているときなど突然動き出すのは本当に不便ですので、個人的にはストッパーも必須だと考えています。

HaNT ラミエンヌ ストッパー

HaNT ラミエンヌのここがイマイチ

機内持ち込み不可(M/Lサイズ)

これはHaNT ラミエンヌが、というより大きめのスーツケース全体に言えることですが、今回購入したMサイズ(56L)のHaNT ラミエンヌは機内に持ち込むことができません。一つ小さいSサイズ(30L)であれば持ち込み可能です。

まあそもそもMサイズはどちらかというと3~5泊の海外旅行向けで、Sサイズは1~2泊の国内旅行向けですから、機内持ち込みできないからといってそこまで困ることはないと思っています。

若干重たいかも

このあとの基本スペックでも紹介しますが、HaNT ラミエンヌはMサイズで4.4kgあります。同じサイズの軽量に特化したスーツケースですと、3.2kgくらいまで軽くなっていたりするので、それと比べるとちょっと重めです。

フレームには金属が使われているため、ファスナータイプのスーツケースと違ってカッターなどで裂かれる心配がない反面、重たくなっているのだと思います。

とはいえ56Lサイズで預け入れ荷物の許容量を超えることはまずないかと思いますので、階段を降りる際などに気にならなければ大丈夫だと思われます。

HaNT ラミエンヌの基本スペック

SML
目安泊数約1~2泊約3~5泊約7~泊
サイズH46×W34×D23cmH58×W41×D25cmH68×W49×D27cm
重量3.4kg4,4kg5,4kg
容量30L56L87L
機内持込不可不可

Mサイズに実際に荷物を詰めてみるとこんな感じです↓5日分の着替え(春物)や小物を入れてもまだ余裕があります。

HaNT 容量
スーツケース 容量

ちなみに「ラミエンヌ」とはフランス語で <<La mienne>>と書き、「わたしのもの」を意味します。名前の通りものすごく愛着が沸いてます。

ハント(HaNT)の別シリーズのスーツケースはこちらもご参考ください▼

ACEの「ハント・ソロ(HaNT solo)」スーツケースがかわいくて便利!HaNTシリーズで1番のおすすめ