バンコクマリオットホテルスクンビットの滞在記ブログ

バンコクマリオットホテルスクンビット宿泊記

バンコク3日目の滞在先は、BTSスクンビット線のトンロー駅そばにある「バンコクマリオットホテルスクンビット」です。バンコクマリオットホテルスクンビットは1泊目のWバンコク、2泊目のルネッサンスバンコクと比べて一番正統派と言いますか、上品で洗練された雰囲気のホテルです。本ブログでは、そんなバンコクマリオットホテルスクンビットの宿泊記をレポートします!

バンコクマリオットスクンビット

spgゴールドエリートのアップグレードは?

どっしりして床面積の広かったルネッサンスバンコクとは違って、バンコクマリオットホテルスクンビットは少しこじんまりとした印象のホテルです。車寄せもものすごく狭いですし。フロントとロビーフロアはどこから薫るのか、とてもいい香りがします。

受付はもちろんエリートメンバー専用フロントで。さて、今回のゴールドメンバーアップグレードはいかに…!?

バンコクマリオットホテルスクンビットのラウンジ

結論、お部屋のタイプはそのままに2フロア上げてもらいました。ただ、もともと32階だったお部屋が34階に変更になったのでそこまで変わった感じはないかも笑

ただありがたかったのは、チェックアウトの時間を16時まで延長してもらえたこと。ゴールドエリートメンバーは14時までのレイトチェックアウト特権がついているのですが、翌日の深夜便で帰るので遅くまで使わせてもらえたら嬉しいと伝えてみたところ、18時は無理だけど16時までならOKと言ってもらいました。なんでも言ってみるものですね。

バンコクマリオットホテルスクンビットのデラックスルーム

今回宿泊したのは34階のデラックスルームです。部屋に行くとウェルカムフルーツが用意されていました。龍眼(ロンガン)というフルーツでしょうか。日本では見かけないので食べ方がよくわからない・・・

バンコクマリオットホテルスクンビットのウェルカムフルーツ

お部屋はこんな感じです。わたしのとても好きな雰囲気。到着したのが夜だったので室内の照明の色ですが、朝〜昼はとても陽が入ってきます。

バンコクマリオットホテルスクンビットのデラックスルーム
バンコクマリオットホテルスクンビットのデラックスルームのリビング

バンコクマリオット系列のホテルでは初めての、バスタブとシャワーが一緒になたお部屋です。床はすべて大理石でできています。

アメニティはタイを代表するブランドであるTHAANで一式揃えられています。これは持って帰りたくなるやつだ…

バンコクマリオットホテルスクンビットのデラックスルームのアメニティ

シティビューで、朝風呂が本当に気持ちいいんですよ。

バンコクマリオットホテルスクンビットのデラックスルームのお風呂

バンコクマリオットホテルスクンビット近くのおすすめレストラン

今回バンコクマリオットホテルスクンビットでは朝食をつけませんでした。何故ならばマリオットだけホテルの朝食がだいぶ高かったから!チェックイン時に朝食がついてないのでつけますか?と聞かれ、通常1,600バーツのところゴールドエリートなら1,300バーツで提供できますと案内があったのですが、さすがにちょっとこれは高いなということでやめておきました(予約時の付帯ならもっと安く朝食をつけることができます)。

ただ!バンコクマリオットホテルスクンビット近くにはとっても美味しくて安いカジュアルレストランがあるので、朝食もここで問題ないと思うのです。それがSit and Wonder。バンコクマリオットホテルスクンビットから1本道を歩くこと3分です。実際わたしたちは宿泊日の夜に行ってさらに翌日の朝食(ブランチ)でも利用しました(お店の人は笑ってました笑)。

夜はお腹が空きすぎて写真を撮るのをすっかり忘れていたのですが、お昼の料理はこんな感じ。夜とメニューは一緒で、とても種類がありますし、写真付きのメニューも多いため安心して注文することができます。

バンコクマリオットホテルスクンビット近くのおすすめマッサージ屋さん

バンコクマリオットホテルスクンビットから徒歩5分ほどの立地に、「あんまや」というマッサージ屋さんがあります。Google Mapで近くのマッサージ屋さんを探したところヒットしたお店で、調べてみると駐在されている日本人の方も一押しのマッサージ屋さんのようだったので行ってみました。

フットマッサージが60分250バーツと安めな上、とにかく腕がよくて気持ちいいのです。わたしはフットマッサージだけでなくタイ古式マッサージも受けたかったのでタイ古式+フットマッサージの90分ミックスコース450バーツを受けました。お店はあまり綺麗ではないのですが、Wi-Fiも使えて日本の漫画も置いてあってとっても快適。

同行者が特に気に入って、2日連続(しかも夜と朝なので12時間も空けずに)お世話になりました。「トンロー あんまや」で検索すると色々な方のブログが出てきますので、気になった方は検索してみてくださいね。

Marriott Bonvoy系列のホテルで多大な特典を享受できるのがMarriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード。カード保持のみでMarriott Bonvoyゴールドエリート、年間400万円以上の利用でMarriott Bonvoyプラチナエリートのエリート資格が付与されます。家族カードの発行は1枚目まで無料なので、本カードと家族カードで年間金額を達成することも可能です。貯まったポイントはMarriott Bonvoy系列のホテルで利用できるほか、ANAをはじめとした各種ポイント(マイル)と交換できます。カード更新特典として50,000ポイントまでの世界各国のホテルに1泊できる無料宿泊特典を付与されます。

* 宿泊でプラチナエリートを達成する場合、年間75泊が必要です。
* ANAマイルと交換する場合、60,000ポイント=25,000マイルとなります。通常利用の場合100円で3ポイント付くため、利用金額の1.25%がマイルとなる計算です

以下の紹介ページからのご入会で45,000Marriott Bonvoyポイントが付与されます。ご興味がございましたらぜひご利用ください(ポイントの付与条件など詳しくはページ内に記載がありますので、よくご確認の上お申し込みください)。

ホーム > 海外 > アジア > タイ > バンコク > バンコクマリオットホテルスクンビット宿泊記

記事作成には膨大な時間と労力がかかっています。少しでも「面白い」「役に立った」と感じていただけましたら、応援いただけると幸いです♡
(1文字2円、100円から応援できます。長期的にご支援いただける方を対象とした「メンバーシップ」プランもあります)
またOFUSEサイトにて記事更新告知始めました!フォローいただくと新しい記事がアップされたタイミングでメールが届きますので、よかったらフォローもお願いします。

OFUSEで応援を送る

7年間の会社員生活ののち、2023年からフリーランス。会社員時代は年に5~8か国を旅行。フリーになってからは長期滞在で暮らすように旅をしている。2023年6月バンコクに新築コンドを購入。仕事は英語と日本語が半々。仏検2級。最近は「オスマン帝国」にハマってトルコ語も。最新の旅の写真はInstagramで投稿しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です