ニューヨークからお取り寄せ ケールチップス

先日訪れたニューロでどハマりしたのが ケールチップス。今回はそのケールチップスをニューヨークからシカゴ経由で取り寄せました!シカゴを経由したのは、ニューヨークから日本へ配送してもらえなかったため、シカゴに住む彼氏の家から国際便で送ってもらったからです(思いの外高くついたw)

苦労してゲットしたケールチップスがこちら!

kale factoryのケールチップスとGreenolaとkale krackers
  • ケールチップス(ランチ味) 1lb (約450g)
  • ケールチップス(チーズ味) 1lb
  • Greenola(cranberry nut crunch) 5oz (約140g)
  • Greenola(spirulina crunch) 5oz
  • ケールクラッカー(チーズ味) 9oz (約250g)

アメリカの単位について知りたい方はこちら→ややこしいアメリカの単位とその覚え方

わたしと ケールチップス の出逢い

滞在したホテルのすぐそばにあるスーパーで目にして、なんとなく購入したのがきっかけでした。

最初に購入したのはランチソース味。ところでわたしはかねてから、テレビの食レポなどで言う「女性ならみんな好き!」みたいなコメントが大っ嫌いなのですが、(だってわたしアボカド嫌い)、その禁忌に抵触することを厭わず言えば、ランチソースはアメリカ人みんなが好きな味 笑
ファストフード店などによく置いてある白いソース(ドレッシング?)です。日本にない味なので説明するのが難しいのですが、濃厚でほんの少し酸っぱくて、ちょっとチーズっぽいようなそんな感じ。

わたしはそもそも幼い頃からドレッシングを使わないため、ランチ自体に思い入れはないのですが、このケールチップス ランチ味はめちゃくちゃ美味しい!ケールチップスのサクサク具合とランチの濃厚さが絶妙なコンビネーションで、手が止まらなくなる。

ランチ味の ケールチップス▼

ランチ味のケールチップス

しかもケールと言えばですよ、野菜の王様とも言われているほど栄養価が高い野菜。日本で手に入りにくいのが本当に惜しい(またまた話が逸れるのですが、アメリカのいいところはスーパーにありとあらゆる野菜が充実しているとこ(それもかなり廉価に!)だと思ってます)。

すっかりハマったわたしは、あくる日スーパーに並んでいた残り2フレーバー、スパイシー味噌味と、シーソルト・ビネガーを即購入。これらももちろん美味しいのだけど、やっぱり1番はランチかなー。

箱には生産者情報が書いてあり、 ブルックリンにある The Kale Factory というところが作っていることがすぐにわかりました。ネットで調べてみるとなんと、オンラインショップを発見!
しかも、試しにカートに商品を入れて手続きを進めてみると、配送先に国を選ぶ欄がある!これなら日本にも届けてもらえる!と1人心の中で快哉を叫び、心置き無くニューヨークを去ったのでした。

彼らが海を渡って我が家にやって来るまで

それがなんということでしょう!!!
先日注文しようと配送先を指定したところ、「日本には配送していません」。
国名でJapanが選べるのに配送してないってどういうことょ?UXが悪すぎる!

わたしはケールチップスが欲しい。でも配送してくれない。でもわたしはケールチップスが欲しい。

こうなったら最後の手段に出るしかない…!!と意を決して、彼氏の家経由で日本に送ってもらう作戦に出たのでした。ケールチップスの合計が80ドル弱で、送料が65ドル弱。無駄に高すぎる笑

でもいいの。やっとまた出逢えたから。

チーズ味のケールチップス

初めて食べるチーズ味の ケールチップス

Greenola

Greenola。とっても美味しい!甘いのもいけるなぁ。

ケールクラッカー

ケールクラッカー。絶対お酒に合う。

日本に配送してくれないのでお勧めするのが難しいのですが、この子達本当に美味しいんです。しかもこのケールチップスは、低音でじっくり乾燥させているため栄養価が損なわれず、油で揚げていないため本当にヘルシー。Greenolaもクラッカーも身体が喜ぶ素材しか使われていなくて、間食には最高なのです。
もしニューヨークに行かれることがあれば、ぜひ試してみてくださいね!

◇The Kale Factory
https://www.thekalefactory.com/

ホーム > 海外 > 北米 > アメリカ > ニューヨーク > ニューヨークからお取り寄せ ケールチップス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。