バンコクにあるタイ料理や「Sit and Wonder」のおしゃれな内観

Sit and wonder | バンコクのおいしくて安くておしゃれなタイ料理店

バンコクでわたしが一番好きなタイ料理のレストラン「Sit and Wonder(シット・アンド・ワンダー)」をご紹介したいと思います。前回バンコクに来たときに宿泊したバンコクマリオットホテルスクンビットの近くにあることで知ったこちらのレストラン。とってもおいしいのに安くてお店がきれいでおしゃれで、なのに混みすぎていることもなくゆっくりできるタイレストランです。Sit and Wonderに行くのはこれで3回目。みなさんにもぜひ行ってみてもらいたいです!

BTSトンロー駅から徒歩5分にあるSit and wonder

トンロー駅を降り、マリオットホテルスクンビットの正面にある道を真っ直ぐ進むと、突き当たりにSit and wonderの看板が見えてきます。こんなところにタイ料理のレストランがあるなんて驚きです。

今回2022年にバンコクを訪れてみてわかったのは、少なくないレストランがコロナの煽りを受けて休業もしくは閉店していたということ。Google Mapで探したタイ料理のお店に何軒か行ってみたのですが、残念なことに休業or閉店の貼り紙が出されていました。おしゃれなタイ料理レストランは観光客向けなお店が多いので、コロナで経営が立ち行かなくなってしまったのかもしれません。そんな中、2年半ぶりに訪れたSit and wonderは、以前と変わらずお昼から夜まで開いていました。

お店は2階にあるので、外階段を登ります。階段横にはテラス席も。

店内はレトロな雰囲気でまとめられており、写真や小物がとってもおしゃれ。一部のテーブルは足で使う古いミシンを改装したものもあり、小物類もいちいちかわいいです。

バンコクにあるタイ料理や「Sit and Wonder」のおしゃれな内観

Sit and wonderのメニュー

メニューは2年前から少し変わっているようでしたが、相変わらずの品揃え。料理だけで10ページほどもメニューがあります。そしてそのどれもが安い!写真付きの料理も多いため、どんな料理が来るのかイメージがついて安心です。

また、辛い料理には唐辛子マークがついており、お願いすると辛さを控えてもらえます(”less hot”で通じます)

今回注文したのはこちらの4品。海老のパッタイにトムヤムクンスープ、マッサマンカレー(ライス付き)に鶏肉のパッタイ。トムヤムクンスープは唐辛子マーク2個だったので、辛さ控えめでお願いしました。それでも辛かったですけども!

パッタイやガパオはメニューの最後の方に載っていて、鶏肉75タイバーツ、豚肉/牛肉85タイバーツ、エビ95タイバーツのように、具材によって値段が変わるシステム。パッタイがおいしすぎて、最初に王道のエビパッタイを頼んだ後、最後に鶏肉のパッタイも頼んでしまいました(結果王道がおすすめです!笑)

*ガパオというメニューはなく、「タイバジル炒め」というメニューです。

一番のおすすめメニューは「マッサマンカレー」

しかしみなさんに一番おすすめしたいのが、Sit and wonderのマッサマンカレー(130タイバーツ)!CNNの「世界でもっともおいしい料理」にも選ばれたことのあるマッサマンカレーですが、Sit and wonderのマッサマンカレーは今まで食べたことのあるどのマッサマンカレーよりもおいしかったのです。半身丸々の鶏肉がほろほろになるまで煮込まれていて、豆とジャガイモがとっても合う!普段豆はあまり食べないわたしですが、Sit and wonderのマッサマンカレーの豆はどれだけでも食べられました。ちなみに、見た目に反してまったく辛くありません。

夫が飲んでいるのはアサヒスーパードライ。わたしはレモングラスティー(例によって激甘)を注文しました。飲み物も35タイバーツくらいからあってとっても良心的な価格です。

価格

飲み物も含めて、しめて670タイバーツ。円安の進みすぎで少し高く感じられますが、今のレート(1タイバーツ3.8円)で2,500円くらい。それでもこれだけ食べて飲んで670タイバーツはとっても安いと思います。

前回Sit and wonderに来た時の写真も見つけましたのでおまけで載せておきます。エビと春雨のタイ風炒め、イエローカレー、鶏肉のガパオ(タイ風バジル炒め)だったかな?

Sit and wonderのアクセス

Sit and wonderは、先にも書いた通りBTSトンロー駅から徒歩5分ほどの場所にひっそりとあります。BTSは幹線道路の上を走っており、高架橋で道路の北と南どちらにも降りれるようになっていますが、奇数番号のソイ(小道)がある北側に降りてくださいね。ソイ57を真っ直ぐ行けばSit and wonderに到着です。

住所:119 2.Floor, Sukhumvit57, North-Klongtun, Vatthana, Bangkok​

お隣のプロムポンエリアは日本人街となっているため、周りにはちらほら日本語の看板も。Sit and wondeでは、バンコク駐在と思われる日本人の方もちらほらお見かけします。

Sit and wonderのアクセス

Sit and wonderの営業時間

2022年7月現在、Sit and wonderは11時〜23時まで営業をしているようです(キッチンのクローズは22時半)。あくまで2022年7月時点情報ですので、行かれる時はぜひお店のHPやSNSを確認してみてくださいね。

ホーム > 海外 > アジア > タイ > バンコク > Sit and wonder | バンコクのおいしくて安くておしゃれなタイ料理店
Yuccpooh

会社員をしながら連休には海外に飛んでいるタビジョ。2年ぶりに海外旅行再開。中でもヨーロッパが好き。語学マニアで、旅行投稿にまじってたまに語学系の投稿も。2023年オランダでワーホリ計画中でオランダ語勉強中。Instagramで最新の旅の写真をアップしています。更新情報はTwitterでつぶやきます。ゆっこぷーについてのもっと詳しい情報や、ゆっこぷーにお仕事を依頼してみたいという方は、上部にあるウェブサイトアイコンか名前をクリックして詳細をご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です