バンコク・ドンムアン国際空港でプライオリティパス活用!LCC便にはかなり助かるコーラルラウンジ

バンコクの旅で利用したのがドンムアン国際空港。現在は新しくできたスワナプーム国際空港の方が有名で、ドンムアン国際空港はガイドブックにもひっそりと名前が書かれている程度なのですが、今でもLCC便などでは多く使われています。この度われわれは、2018年6月に成田・バンコク間が新規就航したノックスクートというLCC航空を利用したので、例にもれずドンムアン国際空港利用となった運びです。ノックスクートについて詳しくはこちらをご覧ください。

LCC ノックスクート成田⇄バンコク 新規就航!LCCで海外はアリなのか?

ドンムアン国際空港に着いた瞬間は「げっ、何この古い空港!?ニューヨークのラ・ガーディア空港並み・・・」なんて思っていたのですが、帰国の便で利用したコーラルラウンジはだいぶよかったので、今回はそれをまとめます。

保安検査所通過後すぐ!プライオリティパスで入れるコーラルラウンジ

事前調べによると、ドンムアン国際空港の国際線ターミナルには3つラウンジがあるようなのですが、保安検査所を出てすぐに見えたという理由一択でコーラルラウンジに潜入しました。しかも、今回はVATの払い戻しがあったのですが、VATの払い戻しデスクがすぐ左手にあって本当に便利。ほか2つのラウンジは1階上の3階にあるようだったのですが、ゲートはすべて2階にあるため、コーラルラウンジならかなり直前までくつろいでいることができます。

搭乗券とプライオリティパスを見せてさっそくレッツ・ゴー!

コーラルラウンジの入口。左手に見えているのがVATの払い戻しデスク▼

ドンムアン国際空港のコーラルラウンジの入口

#ちなみにプライオリティパスは年会費(とプランによってはラウンジごとに利用料)がかかりますが、大きめの空港でない限りゲートまでの間にカフェが皆無…ということも少なくないので、ちょっとお高いですがおすすめです。わたしも毎年更新してます。

お食事・飲み物・Wi-Fi完備のコーラルラウンジ

受付を済ませると、入出券と一緒にWi-FiのIDとパスが記載されたカードを渡してもらえます。ドンムアン国際空港はもちろんWi-Fi飛んでいるのですが、入国時にWi-Fiの登録に手こずったこともあり(だって、なんてったって登録しようにもタイ語…)、大変ありがたい。ラウンジの中は、ものすごく広いというわけではないのですが、十分座れるくらいの席数があり、軽食と各種飲み物が提供されています。

ソファもなかなかに高級感があってよい!▼

ドンムアン国際空港のコーラルラウンジのテーブルとソファ

サラダ、温かい総菜、サンドイッチ、チョコ、ケーキなどが供されています▼

ドンムアン国際空港のコーラルラウンジのフードテーブル

お茶やコーヒーも豊富!▼

ドンムアン国際空港のコーラルラウンジの飲み物テーブル

お酒も頼めます。飛行機の中は酔いやすいので頼まないけど▼

ドンムアン国際空港のコーラルラウンジのお酒

なんといってもありがたかったのは、ペットボトルの飲み物をいくらでももらえることですね。LCCはビジネスクラスでも2本目以降は有料なので、ここで必要な分を補給できてとても助かりました。

#バンコクは市内のコンビニだと500mlのお水が7バーツくらいから買えるのですが、機内で頼むと250mlで75バーツもしましたw

ドンムアン国際空港をご利用こ際はぜひ検討してみてください!ドンムアン国際空港は免税店以外お店が見当たらず、座る場所もなかなかに古くて汚かったりするので、ラウンジがまじめに重宝します。利用は3時間まで、2歳以下のお子さんは利用料無料です。

バリ デンパサール国際空港のプライオリティパスラウンジ

ヘルシンキヴァンター空港のPriority Passラウンジ “almost@home”