タイのWバンコクホテル宿泊記 spgのアップグレード結果は…?

タイのWバンコクホテル

今回のbangkokの旅ではspgカードの恩恵を最大限受けるべく、Marriott 系列のホテルを1泊ずつ転々としてきました。その1泊目に選んだのがWバンコクホテルです。本記事ではWバンコクホテルの宿泊記を紹介します。

Wバンコクホテルとは

Wバンコクホテルは「音楽好きの若者向け」を謳っているホテルで、確かに色使いや部屋の雰囲気はかなり攻めているホテルでしたが、スタッフの対応はもちろん至極丁寧で、ターゲットに合わせてか若いスタッフしか見かけなかったのですが、みなとても一生懸命で誠実さが伝わってくる接客で、20代後半のわたしにとっては格式高いホテルのスタッフよりもずっと “ちょうどいいな” と感じられました。

タイのWバンコクホテルのバー

ここは1階のレセプション横にあるバーで、夕方にチェックインしたタイミングではほぼ人がいませんでしたが、夜になるとDJや正式にドレスアップした人々が次から次へとやってくるディスコになっておりました。ちなみにここに載せてる画像はどれも加工しておらず、夜はリアルにこの光の色です(昼間はまったく普通の色です)。

タイのWバンコクホテルのレセプション

ここがレセプション。スタッフは全員若い方で、かしこまった感じがなくわたしにとっては好印象。ボーイさんなんかは荷物を取ってくるために全力疾走してくれたりします。

タイのWバンコクホテルのロビー

これは1階のトイレにいた犬。色合いこそロックですが、基本的に全館とても洗練されています。

タイのWバンコクホテル オブジェ

レセプション前にあるお土産売り場。こんなにド派手なショップ見たことない…笑

タイのWバンコクホテルのショップ

こちらはレセプション前にあるウェルカムドリンク。わたしがいった時はローズティーだったのですが、香りはとてもよいのに飲めないレベルで激甘!!!タイの人は本当に甘いもの好きだよなぁ。

タイのWバンコクホテルのウェルカムドリンク

Wバンコクホテルの立地・アクセス

Wバンコクホテルは、BTSシーロム線のチョンノンシー駅から徒歩5分ほどにあります。一年前にバンコクにきた時にはこの辺のエリアはあまり発展しているイメージがなかったのですが、雰囲気だけで言うと東京の汐留に似ているようなかなり近代的なエリアです。

隣にはマハ・ナコンというバンコクのシンボル的なジェンガのような建物が建っていたり、徒歩10分ほどの場所には王室料理人を務めていたシェフが振るう応対王宮料理レストランThanying(タンイン)もあったりと便利な場所です。

Wバンコクホテルでのspgアップグレードはありやなしや?

気になるのは、Wバンコクホテルでspgのアップグレードがあったかどうかですが、結論からいうと1ランクアップしてもらえました!

わたしたちはspgアメックス(年会費3万円)で自動的に付帯される「ゴールドエリート」ステータスで、上のクラスに空きがあればアップグレードしてもらうことができます(ラウンジ利用はプラチナエリートから)。

今回Wバンコクホテルでは一番下のワンダフルルームで予約していたのですが、見事ひとつ上のスペクタクルルームにアップグレードしてもらうことができました!

2ランクアップグレードもあると聞いていたのでちょっと残念ではありますが、マリオット系列での宿泊歴がゼロなのでこんなもんかなとも思います。

用意されたお部屋は17階の角部屋で、廊下を端まで突っ切っていきます。

タイのWバンコクホテルの廊下
タイのWバンコクホテルのお部屋

それでは続いてスペクタクルルームを紹介していきます。

Wバンコクホテルの “スペクタクルルーム”

Wバンコクホテルのスペクタクルルームは、広さ43平米の角部屋でベッドルームが三角形をしています。

タイのWバンコクホテルのスペクタクルルーム(キングサイズベッド)

ベッドに書き物机にローテーブルとローチェアが一組備え付けられています。

タイのWバンコクホテルの枕元

マットレスは硬めですが枕はかなり柔らかめです。

奥側が全面窓になっていて、朝はめちゃくちゃ明るいです。

タイのWバンコクホテルのスペクタクルコーナールーム

ウェルカムギフトのクッキーと手書きのウェルカムメッセージが用意されていました^ ^

タイのWバンコクホテルのウェルカムギフト

テレビはベッドからちょうど見える位置においてあり、そのお隣にはミニバーも。

タイのWバンコクホテルのミニバー
タイのWバンコクホテルの部屋

浴室はなかなか見ないタイプで、ベッドルームと浴室を分厚いカーテンで仕切る形でした。ただしベッドルームと浴槽側の壁はすりガラスで仕切られていて、ある程度透けて見えるので、友達や家族での利用はあまりオススメできないかも笑

タイのWバンコクホテルのバスタブ
タイのWバンコクホテルのバスルーム

シャワールームももちろんあり、水圧はパーフェクト。シャンプー/リンス/ボディソープももちろんありますよ。

タイのWバンコクホテルのシャワー

洗面台周りはこんな感じで、ドライヤーにバスローブ(そこそこ厚め)が用意されています。ドライヤーは結構強いです。

タイのWバンコクホテルのタオル

その他アメニティはこちら。Wバンコクホテルのブランドのようです。

タイのWバンコクホテルのアメニティ

ついでにトイレも。カーテン閉めないと丸見えです笑

タイのWバンコクホテルのトイレ

部屋にはミネラルウォーターが1人につきなんと3本も用意されていて、これは純粋にとてもありがたかったです。”It’s on us” と書かれているボトルがホテル持ちのお水で、それ以外は有料です。

タイのWバンコクホテルのお水

スペクタクルルームから望む “マハ・ナコン”

Wバンコクホテルのスペクタクルルームの全面窓からはなんと!バンコクのシンボルである、マハ・ナコンというビルが目の前に見えるのです!!!

タイのWバンコクホテルから見えるマハ・ナコン

しかもわたしたちのお部屋17階からはちょうどジェンガのような部分が目の前に来ていたので、ものすごくテンションが上がりました。

日本にはこういう面白いビルがなかなかないのでとっても斬新ですよね。

Wバンコクホテルの朝食

Wバンコクホテルの朝食はかなり満足度が高かったです。

タイのWバンコクホテルの朝食2階

席に案内されるとまず、卵料理のオーダーを聞かれます。目玉焼きやスクランブルエッグ、ポーチドエッグにゆで卵から選べます。卵料理がデフォルトなのは欧米のゲストが多いからでしょうかね。

それにコーヒーか紅茶どちらにするかも。コーヒーの場合はカップごとですが、紅茶の場合温かいポットで提供してもらえます。

タイのWバンコクホテルの朝食会場

そのほかはブュッフェ形式の朝食なのでいざレッツゴー!

まず目に入るのは鶏が丸々吊るされた海南チキン。わたしはon the riceではなく on the noodleでいただきました。

タイのWバンコクホテルの朝食 ハイナンライス

アジア系のホテルで間違いがないのがその場で茹でてくれる麺類。米粉麺と卵麺の2種類がありました。

タイのWバンコクホテルの朝食 麺

そのお隣は、タイ料理…というよりはインド料理や中東メニューかな?

タイのWバンコクホテルの朝食 タイ
タイのWバンコクホテルの朝食 伝統料理

点心も間違いがないものの一つ。ここだけで4種類の点心が勢揃い。

タイのWバンコクホテルの朝食 飲茶

ここはザ・タイな料理達ですが、どちらかというととても滋味深い味わいで、とんがった味は少ない印象です。

タイのWバンコクホテルの朝食 タイ料理
タイのWバンコクホテルの朝食 アジアン

一番端にはおかゆが用意されていて、トッピングの種類が半端ない。

タイのWバンコクホテルの朝食 おかゆ
タイのWバンコクホテルの朝食 お粥のトッピング

サラダコーナーに、

タイのWバンコクホテルの朝食 サラダ

シリアルと牛乳たち。食物繊維が足りていないときに助かるやつ。

タイのWバンコクホテルの朝食 シリアル
タイのWバンコクホテルの朝食 牛乳・豆乳

オートミールは未だ食べる勇気がない・・・

タイのWバンコクホテルの朝食 オートミール

フルーツはザ・南国ですよね(わたしは苦手・・・)。

タイのWバンコクホテルの朝食 フルーツ
タイのWバンコクホテルの朝食 ジュース

パンは普通のお食事系パンだけじゃなくデニッシュやドーナッツなどのデザートパンが多くて、とてもびっくりしました。今まで泊まったホテルの中でもかなり種類が多い方です。

タイのWバンコクホテルの朝食 デニッシュ
タイのWバンコクホテルの朝食 デザートパン
タイのWバンコクホテルの朝食 パン
タイのWバンコクホテルの朝食 パウンドケーキ
タイのWバンコクホテルの朝食ホットケーキ
タイのWバンコクホテルの朝食 クッキー

わたしはパンが大好きなのですが、まぁ言ってみればパンは日本でもどこでも食べられるので、今回はアジア尽くしセレクトにしてみました。

タイのWバンコクホテルの朝食

この手前の麺がとっても美味しくて、米粉の麺よりも黄色い卵麺を断然おすすめします。海南ライス用の鶏肉を載せるとますますvery good!

タイのWバンコクホテルの朝食会場受付

(これはおまけの朝食会場の外にあったおしゃれなオブジェ。針金?でできていて、立体的なのです)

Wバンコクホテルにあるタイの国家遺産 “The House on Sathorn”

Wバンコクホテルの車寄せのすぐ隣に黄色い建物があるのですが、これはタイの国家遺産に指定されている建物で、今ではアジアのレストランベスト50にも数えられたレストランになっているんだそう。Wバンコクホテルとのアンマッチ感がすごいけども…

タイのWバンコクホテルのオブジェ

おまけ)Wバンコクホテルで売られていたかわいいバッグ

最後は完全におまけなのですが、Wバンコクホテルのエレベーターホールの手前で、とってもかわいいスイカデザインのバッグを発見してしまいました…!このバッグ、そんなに高くないのにめちゃくちゃ丁寧に作られていて、ものすごくしっかりしているのです。外だけでなく中もスイカ柄になっていてバンコクにぴったり!

タイのWバンコクホテルのバッグ

***

以上、タイのWバンコクホテルからお届けしました。Marriott系列の中ではだいぶ安い方のホテルなので、このロックな感じが嫌いじゃなければかなりおすすめです!

そのほかのバンコクのホテル

ルネッサンスバンコク ラチャプラソーンホテル 宿泊記 -プールと朝食が贅沢の極み-

バンコクマリオットホテルスクンビット宿泊記

綺麗で新しく、立地も最高でリーズナブルなホテル -メルキュールバンコク スクンビット11(Mercure Bangkok Sukhumvit 11)-